MENU CLOSE

越谷市、さいたま市、春日部市の外壁塗装・屋根塗装のことならジャパンテック(プロタイムズ越谷店)

現場ブログ - 業者の選び方 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 業者の選び方

業者の選び方の記事一覧

越谷で外壁塗装をするなら地域密着のジャパンテックまで!

越谷市で外壁塗装をするなら地域密着のジャパンテックまで!

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! アステックペイント埼玉No.1を受賞した、越谷市で外壁塗装を専門で行っているジャパンテックが、あなたのお住まいを最高の状態で維持し続けるお手伝いをいたします。確かな技術と、高品質の材料で、いつまでも住み続けられる家を実現します。 今回の記事では「ジャパンテックがおすすめする外壁塗装の塗料」をご紹介したいと思います。 多くの塗料の中から、今おすすめしたい塗料の種類とその特徴を厳選してお伝えしましょう。 ジャパンテックがおすすめする外壁塗装の塗料5選 ジャパンテックがメインで扱っているのは「株式会社アステックペイント」の塗料です。多くの塗料メーカーがありますが、実際に施工していく上で行き着くのが、アステックペイントの高品質な塗料になります。 全ての塗料には、取り扱いに個体差があり、その中でもアステックペイントの塗料はクセが強く、高い技術力が必要です。しかし、そのクセを使いこなすことで、お客様満足度の高い仕上がりが実現できています。 今回ご紹介する5つの塗料は、全てアステックペイントの塗料になります。 越谷市の塗装業者がオススメするアステックペイント製塗料①|超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR 外壁塗装を行う際、美観だけではなく「効果」を期待される方が非常に多いです。中でも、建物を美しく維持するという効果を望む声が多く、メンテナンスフリーが好まれています。 外壁塗装でメンテナンスフリーを実現するには「超低汚染塗料」を使用する必要があります。現在、多くの塗料に「低汚染塗料」の記載がありますが、メンテナンスフリーを実現できるのは「超低汚染塗料」です。 この超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRは、アステックペイントが最高の技術を余すところなく盛り込んだ、最高の超低汚染塗料です。一般的な外壁塗装業者の場合、使用できるのは「超低汚染リファインシリーズ」までになります。しかし、ジャパンテックは「プロタイムズ加盟店」であるため、さらに上の「超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR」が使用できます。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの特徴は、塗料を劣化させる紫外線への耐候性の高さと、超低汚染性を実現した親水性の高さ。そして、それらによって発揮される遮熱性の高さです。 通常の超低汚染リファインシリーズよりも高い効果を実感できます。 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IRの諸元表です。 色 69色 艶 3分艶/艶有 工程 上塗り材 性質 水性系 液型 2液型 樹脂 フッ素塗料 機能 低汚染塗料/遮熱塗料 対応素材 コンクリート/モルタル/ALC/窯業系サイディング/波形スレート/カラー鋼板/アルミニウム/ガルバリウム鋼版・ステンレス 乾燥時間(外気温25℃の場合) 工程内:4時間以上5日以内 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS A 6909 建築用仕上塗材 『可とう性』 合格 ■JIS K 5658 建築用耐候性上塗り塗料 『容器の中の状態』『表面乾燥性』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度』『耐衝撃性』『付着性(クロスカット法)』『重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』 全て合格 ■『防カビ性』 合格 ※社内試験による(参考試験方法:JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法) ■『防藻性』 合格 ※社内試験による (引用:株式会社アステックペイント 超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR) 越谷市の塗装業者がオススメするアステックペイント製塗料②|無機ハイブリッドウォールJY 環境への配慮も考えたいという方も増えています。外壁塗装は、どうしても塗料に使用されている溶剤が環境破壊につながるという面がありますが、無機ハイブリッドウォールJYはその心配を限りなく小さく抑えられます。完全無機塗料ではないため、若干の影響はありますが、弱溶剤を使用することで環境への配慮をしています。 また、無機塗料のメリットでもある耐候性の高さは抜群です。 下表は無機ハイブリッドウォールJYの諸元表になります。 色 69色+特別色対応可 艶 艶有 工程 上塗り材 性質 溶剤系 液型 二液型 樹脂 無機ハイブリッド塗料 機能 遮熱塗料 対応素材 窯業系サイディング/モルタル/ALC/コンクリート/カラー鋼板/ガルバリウム鋼版・ステンレス/アルミニウム/波形スレート 乾燥時間(外気温25℃の場合) 工程内:16時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■『容器の中の状態』『塗装作業性』『乾燥時間』『塗膜の外観』『ポットライフ』『低温安定性』『重ね塗り適合性』『隠ぺい率』『鏡面光沢度』『耐屈曲性(タイプ1)』『耐おもり落下性(デュポン式)』『鉛筆引っかき硬度』『付着性(クロスカット法)』『耐水性』『耐酸性』『耐アルカリ性』『耐湿潤冷熱繰返し性』 全て合格(参考試験方法:JIS K 5600 塗料一般試験方法) ■『耐汚染性(強制汚染)』 合格(参考試験方法:土木用防汚材料評価促進試験) (引用:株式会社アステックペイント 無機ハイブリッドウォールJY) 越谷市の塗装業者がオススメするアステックペイント製塗料③|プラチナECコート5000EX 外壁のひび割れ対策が必要なモルタル壁などには、プラチナECコート5000EXがおすすめです。使用している樹脂が「ピュアアクリル」なので、ひび割れに対し600%の伸縮率でカバーしていきます。 このピュアアクリルを使用した塗料は、全て「高耐久防水塗料」として知られていますが、特にプラチナECコート5000EXは、プロタイムズ加盟店にのみ許された最強の防水塗料なのです。 下表はプラチナECコート5000EXの諸元表になります。 色 68色 艶 3分艶/艶有 工程 上塗り材 性質 水性系 液型 一液型 樹脂 ピュアアクリル塗料 機能 ピュアアクリル塗料/遮熱塗料 対応素材 コンクリート/モルタル/ALC/窯業系サイディング/波形スレート 乾燥時間(外気温25℃の場合) 工程内:4時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS A 6909 建築用仕上塗材 『低温安定性』『初期乾燥によるひび割れ抵抗性』『付着強さ』『温冷繰返し』『透水性B法』『耐衝撃性』『耐候性A法』『伸び』『伸び時の劣化』 全て合格 ■日射反射率:64%(N6) (参考試験方法:JIS K 5602 塗膜の日射反射率の求め方) (引用:株式会社アステックペイント プラチナECコート5000EX) 越谷市の塗装業者がオススメするアステックペイント製塗料④|マックスシールド1500U-JY ひび割れ対策にはウレタン塗料という不文律は、現在も残っています。戸建てから大型施設まで、圧倒的な柔軟性で最適な塗膜を形成するのがマックスシールド1500U-JYです。用途を限定しないため、建物以外の付帯部分にも対応できます。 下表はマックスシールド1500U-JYの諸元表になります。 色 68色+特別色対応可 艶 3分艶/艶有 工程 上塗り材 性質 溶剤系 液型 二液型 樹脂 ウレタン塗料 機能 その他の塗料 対応素材 コンクリート/モルタル/ALC/窯業系サイディング/カラー鋼板/アルミニウム/ガルバリウム鋼版・ステンレス/波形スレート/鉄部/硬質塩ビ/木部 乾燥時間(外気温25℃の場合) 工程内:3時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS K 5600 塗料一般試験方法 『塗装作業性』 合格 ■JIS K 5658 建築用耐候性上塗塗料 『容器の中の状態』『乾燥時間』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度 (60度)』『 耐衝撃性』『付着性 (クロスカット法)』『 重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』『促進耐候性』『屋外暴露耐候性』 全て合格 (引用:株式会社アステックペイント マックスシールド1500U-JY) 越谷市の塗装業者がオススメするアステックペイント製塗料⑤|スーパーBIOリファインカスタム-IR 工場などの外壁や内壁に対し、防カビ性能を持たせたいという場合にはスーパーBIOリファインカスタム-IRが最適です。高温多湿になっても、雑菌の繁殖を防ぐように最適な薬剤を配合してあります。艶消は内壁にのみ対応しています。シリコン塗料なので、耐久性もバッチリです。 下表はスーパーBIOリファインカスタム-IRの諸元表です。 色 69色 艶 3分艶/艶有/艶消 工程 上塗り材 性質 水性系 液型 二液型 樹脂 シリコン塗料 機能 低汚染塗料/遮熱塗料/防カビ塗料 対応素材 コンクリート/モルタル/ALC/窯業系サイディング/波形スレート/カラー鋼板/アルミニウム/ガルバリウム鋼版・ステンレス 乾燥時間(外気温25℃の場合) 工程内:4時間以上 最終養生:24時間以上 JIS分類・その他 ■JIS K 5658 建築用耐候性塗料 『容器の中の状態』『表面乾燥性』『塗膜の外観』『ポットライフ』『隠ぺい率』『鏡面光沢度』『耐衝撃性』 『付着性(クロスカット法)』『重ね塗り適合性』『耐アルカリ性』『耐酸性』『耐湿潤冷熱繰返し性』 全て合格 ■JIS A 6909 建築用仕上塗材 『可とう性』 合格 ■『防かび性』 社内試験規格合格(参考試験方法:JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法) ■『防藻性』 合格 ※社内試験による ■(艶有・3分艶のみ)『防汚保持性』 合格 ※社内試験による (引用:株式会社アステックペイント スーパーBIOリファインカスタム-IR) アステックペイントのおすすめポイント アステックペイントのおすすめポイントは、全ての塗料に対する機能性の高さです。誰が施工しても同じように仕上げられる汎用性の高い塗料とは違い、塗料への理解度が重要になるのがアステックペイントの気難しさですが、そこを理解した上で使用すると、満足度の高い仕上がりが実現できます。 越谷市で外壁塗装業者をお探しなら地域密着塗装専門店ジャパンテックにおまかせ! 外壁塗装に使用する塗料は、それぞれに異なる特性を持っています。お住まいの状態や使われている素材、環境に合わせて最適な塗料を選ぶことが重要です。 当社ジャパンテック株式会社は越谷市を中心に数多くの塗装工事を手掛けてきました。外壁塗装のみならず、屋根塗装や付帯部の塗装、アパートやマンションのような集合住宅に工場の塗装まで、あらゆる建物の塗装工事施工実績が豊富です。 当社は塗料メーカー「アステックペイント」における2023年の年間使用量ランキングで全国3位になったほど、アステックペイントの塗料に精通しています。高機能塗料として名高いアステックペイント製の塗料で塗り替えを検討されているならば、ぜひ当社にご相談ください! あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力     外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.03.07(Thu)

詳しくはこちら

塗料業者の選び方越谷市

越谷市の屋根塗装業者の評判はどこを見るべき?信頼できる業者に依頼したいならここをチェック!

越谷市の屋根塗装業者の評判はどこを見るべき?信頼できる業者に依頼したいならここをチェック!

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 屋根塗装は家のメンテナンスにおいて重要な役割を果たします。しかし、多くの業者が存在する中で、信頼できる業者を見つけるのは一苦労ですよね。 では評判の良い屋根塗装業者を見極めるためには、どのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか? この記事では「信頼できる屋根塗装業者を選ぶためのポイント」についてお話ししていきたいと思います。 屋根塗装業者のホームページを要チェック! ホームページは業者の顔とも言える存在です。ホームページの更新をしている業者であれば、施工実績などから「業者のレベル」を窺い知ることができるでしょう。 施工事例の有無と時期をチェック 屋根塗装業者のホームページには、施工事例が掲載されていることが多いです。これらの事例をチェックすることで、業者の技術レベルや経験を確認することができます。 特に、最近の施工事例が豊富に掲載されているかどうかは重要です。最新の施工事例が多いほど、現在も活発に業務を行っている証拠と言えるでしょう。その仕上がり次第で、依頼するかを決める判断材料にもできます。 もし、施工事例がないような業者の場合、ただの取次店でしかない場合があるので、必ず施工事例は確認することをおすすめします。 お客様の声に紙ベース情報はある? お客様の声は、業者のサービスの質を判断するのに役立つ情報源です。ただし、ウェブ上のみの口コミや評価は、操作される可能性もあります。紙ベースでのお客様の声があるかどうかもチェックしましょう。 紙ベースのものは、実際の顧客が書いたという証明が容易であり、より信頼性が高いと言えます。また、良い口コミだけではなく厳しい言葉も同時に掲載することで、誠実な業者であることも確認できるのです。 良い口コミで固めたいのが施工業者としての本音ですが、中にはご満足いただけないという場合もあるため、その時にはその言葉をのちの糧にする必要があることも、良い施工業者は理解しています。 営業トークも要チェック! 営業トークは、業者の姿勢を知る重要な要素です。悪質業者は、依頼者にどうにか契約を結ばせようと必死になっているので、この機会を逃そうとはしません。以下でご紹介するようなことがあれば、少し疑ってみることをおすすめします。 不安を煽られてない? 悪質業者の営業担当者は、依頼者の不安を煽ることで契約を急がせようとします。例えば、屋根の状態が非常に悪いと誇張して伝えたり、修理を急がなければ大きなトラブルになると警告したり、さも大きな問題が発生していることを訴えるのです。 キャンペーンで釣られてない? キャンペーンや特別割引を前面に出してくる業者もいます。これらは依頼者を惹きつけるための一つの手法ですが、本質的な施工品質やサービスに比べて過度に重視するべきではありません。 実は、人気のある屋根塗装業者はキャンペーンを組む必要がありません。値引きをしなければ受注できないような高額な価格設定をしないのもありますが、自信があるからこそキャンペーンで誘うような姑息な方法をとることはないのです。 モニター価格で誘われてない? 「モニター価格」という言葉を使って、割引価格での施工を提案する悪質業者がいます。これは、施工の様子を広告材料として使用することを条件に、通常よりも安い価格で提供するものです。 しかし、これが業者の常套手段である場合、その品質に疑問を持つべきです。モニター価格の提案があった場合、その背景や条件をしっかりと確認しましょう。本来であれば、依頼者をモニターにはせず、自社家屋などをモニターとして使用します。 現場も見ずに金額提示されてない? 屋根塗装は、その家の屋根の状態によって必要な作業が大きく異なります。現場を見ずに一律の金額を提示する業者は、実は施工業者ではないという場合が多いです。工事の取次でバックマージンを受け取るような業者が、施工業者であるように見せて営業することは詐欺に当たります。 大幅値引きで契約を迫られてない? 大幅な値引きを提示して契約を急かすような場合、悪質業者であると疑いましょう。低品質な材料を使われたり、技術が伴わなかったりします。さらに、施工後のアフターサービスが不十分である可能性もあります。 基本的に「固定の技術料+材料費」が設定価格です。この技術料には、高所作業料や施工技術料など、作業にあたるために必要な金額が設定されており、材料費も提供できるギリギリの利益を載せた金額で設定するのが一般的です。 つまり、大幅に値引きできる場所がないということを理解しましょう。その上で大幅な値引きができるということは、そもそもの設定金額がとんでもない高額なのか、使用する材料を低グレードに変えてしまうかしかないのです。 依頼先の特徴 屋根塗装を依頼する場合、以下でご紹介するような場所に話を持ちかけるのが一般的です。それぞれの特徴について理解しておきましょう。 ハウスメーカー ハウスメーカーは、建築からメンテナンスまで一貫して行うことができるため、安心感があります。特に自社で建てた家の場合、元々の建築データを元に適切な提案が期待できるでしょう。しかし、ハウスメーカーが自ら施工をするということは、あまり多くありません。 実は、ハウスメーカーの本来の仕事は「家を売ること」なのです。その家も、実際には提携している工務店が施工をしており、ハウスメーカーが家を建てているというわけではありません。 つまり「ハウスメーカー=取次店」だということがわかります。しかし、取次店だから悪質業者であるというわけではありません。ハウスメーカーが認める優秀な施工業者を斡旋することで、確かな仕事を約束してくれるのです。 ただし、中間取次にハウスメーカーが入ることで、中間マージンが発生する場合もあるので、若干のコスト高が発生することも理解しておきましょう。 工務店 地域密着型の工務店は、地元の状況を良く理解しており、地元の顧客との信頼関係を大切にしています。個別の対応が得意で、きめ細かいサービスを提供することが多いです。ハウスメーカーと提携していることも多く、仕事は確かだと言えるでしょう。 ただし、提携先からの規制によって「直接依頼を受けられない」という場合もあるため、全ての工務店が受注してくれるとは限りません。 工務店が直接依頼を受けられる場合、取り扱っている材料にも限定が出てくる場合があります。会社規模によっては、塗料メーカーとの直接取引ではなく小売店から購入している場合もあるので、仕入れコストが高くなる材料も存在します。 リフォーム専門業者 リフォーム専門業者は、屋根塗装だけでなく家全体のリフォームを行う業者です。そのため、屋根塗装を含めたトータルな提案が可能で、一括してリフォームを検討している場合に適しています。 中には、リフォームに役立つ専門資格を取得しているスタッフもいるため、トラブルが発生している場合には良い提案をしてくれることも多いです。 塗装専門業者 塗装専門業者は、その名の通り塗装に特化した技術を持っています。屋根塗装のみならず、外壁塗装などの専門的な技術を求める場合には強い味方になってくれるでしょう。 しかし、一般的なリフォーム作業には対応していないことが多く、足場設置などに別の鳶職が必要になるということもあるため、依頼事には業者をよく吟味しましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 安全に屋根に登る方法が知りたい!もし屋根に登るのであれば「これ」だけは守ってほしい 越谷市で屋根の修理を依頼するなら|誰にでもわかる説明をしてくれる業者の信頼性 越谷市で屋根塗装業者をお探しならジャパンテックにご相談ください! 屋根塗装業者の評判は、まず「自社ホームページにある施工事例」や「お客様の声」を確認しましょう。さらに、業者名で検索することで、どんな口コミがあるかを確認してみてください。 誠実な業者であれば、全ての施工事例が掲載されているはずです。また、悪い口コミにも真摯に向き合っているため、隠すようなことはしません。悪質業者に騙されないように、しっかりと屋根塗装業者の性質を見極めることも重要です。 越谷市で屋根塗装業者をお探しならば、ぜひ当社ジャパンテック株式会社にご相談ください。当社には屋根の劣化診断のプロである外装劣化診断士をはじめ、国家資格である一級塗装技能士といった知識、経験、技術の3拍子が揃ったスタッフが在籍しております。 まずはあなたのご自宅の屋根を細かく診断いたします!診断は無料です。ぜひ一度ご相談ください!あなたからのご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております!   外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.03.07(Thu)

詳しくはこちら

業者の選び方越谷市

越谷市の皆様!訪問販売にはご注意ください!しつこい訪問販売が来たらジャパンテックへお知らせください!

越谷市にお住まいのみなさん!外壁塗装・屋根塗装の訪問販売にご注意ください!恐怖扇動で契約させられても慌てないで

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 外壁塗装や屋根塗装の、訪問販売による悪質業者の被害が増えています。突然やってきて「お宅の外壁アブナイですよ!」と言われても、普段であれば不安に思うこともなく相手にもしないでしょう。しかし、悪質業者はとても親切な口調で擦り寄ってきます。 すると、心にほんの少しの隙間が生まれてしまい、そこにつけ込まれると疑えなくなってしまうのです。今回の記事では「外壁塗装の訪問販売に注意」という警鐘をならしたいと思います。 訪問販売は即契約しないようにしましょう どれだけ親切で信用できそうだと感じた場合でも、外壁塗装や屋根塗装の訪問販売は即契約してはいけません。どれだけ魅力的な言葉で誘い込まれたとしても、まずは考える時間を要求するようにしましょう。 ・一度検討してみる ・家族に相談する ・普段付き合いのある業者とも相談する どんな方法でも構いません。まずは即契約に持ち込ませないことを心がけてください。その理由を今からご説明します。 調査もしないで金額は出ません 訪問販売でいきなり金額を提示され、その金額がとても魅力的な数字だと飛びついてしまう方がいます。しかし、よく考えてみてください。何を根拠にその金額が提示されたのでしょう? 通常、外壁塗装や屋根塗装は、建物の状態を確認した上でどれだけの工事が必要かを判断します。そして、構造躯体までのダメージを考慮して細かく工事内容を作っていくものです。 突然訪問して、ちょっと外壁を眺めた程度で詳細な金額が出るわけがないのです。クラックを埋めたり、吹付だけの処理であれば他書の見積もりは出ます。しかし、そんな適当な工事では何もメンテナンスできませんので、この時点で契約することだけはやめましょう。 許可なく門扉内に入るのは不法侵入です 敷地内に入った時点で不法侵入となるわけではありません。最低限のインターホンまでの敷地は、訪問者が入っても良いとされている部分になります。しかし、その先に踏み込んだ時点で不法侵入になってしまいます。 通常の業者であれば、家主がいたとしてもずかずかと入っていくようなことはありません。必ず門扉の外から声をかけ、了承を得ない限り中に入ることはしません。 もし、いきなり入ってくるような相手だった場合、そこで疑うようにしましょう。不法侵入は明らかな犯罪です。 人を疑ってかかれというわけではなく、まずは「自分に危険が及ぶ可能性がある」ということをしっかりと理解しておくことが重要なのです。 恐怖扇動商法=「最悪の可能性」をしきりに訴えてくる業者に注意しましょう 外壁や屋根の状況を眺めただけで、その中でどんなことが起きているかなんて、どれだけ建物の構造に精通している専門家でもすべてを把握することはできません。 ただし、そこで最悪の状況が発生しているかという判断はできます。なぜなら、内部が朽ちていたりカビだらけになっている可能性があれば、ちょっとしたクラック(ひび割れ)などでは済まないからです。 確実に外部にまで大きな現象が起きる上に、臭いも発生しやすいため、通常の業者であればそれらの現象を確認したら、すぐに責任者を呼びに帰るはずです。つまり、ここで深刻だと不安を煽るのではなく、後日適正な手順で内部調査の話を伝えてくれる業者を選ぶべきだということです。 悪質な訪問販売業者の手口に「恐怖扇動」というセールストークがあります。あなたが恐怖と感じるようにトークで誘導して契約を迫るという手法です。ここでよく使われるキーワードが「可能性」という言葉です。 「雨漏りしている可能性」 「建物の骨組みが劣化している可能性」 「地震が来たらすぐに倒壊する可能性」 あくまでも「可能性がある」ことを強調してきます。可能性のゴールは最悪の状況しか述べません。実際にはトークに出てくるような最悪の状況に至る、さらに前の段階なのにかかわらず、途中の経過をすっ飛ばして最悪な状況=恐怖のみを伝えてくるのです。 これが恐怖扇動の手口です。この恐怖扇動に合わせて「今だけモニター価格で」や「期間限定でお安く」といった値引きトークもしてくる場合は、悪質業者である可能性が高くなるでしょう。 セールストークで使われるキーワードには敏感過ぎるくらい敏感になりましょう! もし訪問販売で即契約してしまった場合の対処方法 万が一、焦って契約してしまった場合は、その後の対応を適切に行うことが重要です。一度失敗すると、他の場所でもどんどん深みにはまってしまい、最終的に身動きが取れない状況になってしまいます。 これからお伝えする手順をしっかりと理解して、慌てることなく対処していきましょう。 消費者センターに相談 ちょっとした不信感がある場合は、迷わず消費者センターに相談しましょう。弁護士ほどではありませんが、民間トラブルの対処に優れた方々です。特に、訪問販売のような詐欺被害には親身に対処してくれます。 確実に解決できるとまでは断言できません。しかし、一人で悩むよりも民間トラブルの専門家に力になってもらうことで、問題を早期解決に導くことができるでしょう。 悩んだり不安になったら、まず消費者センターに連絡です! 訪問販売ならクーリングオフ制度が使える 一般的な方法でのリフォーム依頼の場合、クーリングオフの対象外です。しかし、訪問販売での契約の場合、これはクーリングオフ制度の対象となります。できる限り早い段階で不安を感じたなら、早急に消費者センターに相談した上で、クーリングオフの手続きをとりましょう。 もし、消費者センターが混み合っていて、初期アクションまでに時間がかかるような場合は、自治体の法律相談に連絡するのも一つの方法です。曜日によっては弁護士が登庁しているので、そのまま解決まで突き抜けてくれることもあります。 もしクーリングオフの期限を過ぎてしまった場合でも、詐欺だとわかれば別の方向から問題解決に導く方法もあるので、頼る場所だけはしっかりと把握しておきましょう。 消費者センターもしくは自治体の法律相談です。 外壁塗装・屋根塗装のメンテナンス周期を把握しよう 訪問販売での外壁塗装を打診されても、建物を購入後に行ってきたメンテナンス周期を覚えておけば、無駄な契約を結ばずに済みます。もし、まだ1度もメンテナンスしていないという場合は、購入した不動産業者に相談してみてください。 メンテナンスは5年周期が基本 通常、建物のメンテナンスは5年周期を目処に行うべきだと考えられています。使われている材料の耐用年数が5〜7年の場合が多いため、問題が発生する前にしっかりとメンテナンスをするなら、耐用年数の最小値でのメンテナンスが基本となります。 もし、予算的に対応ができそうにないとなった場合でも、2年余計に準備期間があると思えば、支度を済ませてからメンテナンスを依頼すれば問題ありません。基本的には5〜7年の間にメンテナンスを施し、次のメンテナンス周期までに準備を進めるというのが正しい方法です。 使用材料の耐用年数によって10年周期にも15年周期にもなる メンテナンス時に使う材料が高品質なものになれば、メンテナンス周期自体を遅らせることができます。低ランクのもので5〜7年、通常ランクであれば10〜13年ほど、高ランクになると15〜20年にもメンテナンス周期を引き延ばすことができるのです。 そこまで高ランクのものを求めた場合、1階にかかるメンテナンスコストは大きくなります。ただし、トータルコストで考えた場合、高ランクの材料でメンテナンスする方が低コストで済むケースが多いです。 1度のコストを取るべきか、トータルコストを取るべきか、それはご自身で判断するしかありません。 今後の建物との付き合い方で選ぶ 今後も長く住み続けるならロングライフな材料、売却を考えているならコスト重視、まだ予定が立たない場合には10年前後の耐用年数のものを選ぶことで、無駄なく施工することができるでしょう。 これらの方法は、あくまでも1つの判断方法であって、それぞれのメンテナンス時の事情もあります。ただし、全てを実費で行うのではなく、一部補助金を導入することで負担金を軽くするという方法もあるので、各自治体で用意している補助金があるかを確認することも忘れないようにしましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の会社の選び方|優良塗装業者の特徴を教えて 越谷市で屋根の修理を依頼するなら|誰にでもわかる説明をしてくれる業者の信頼性 越谷市の皆様!訪問販売にはご注意ください!しつこい訪問販売が来たらジャパンテックへお知らせください! 外壁塗装や屋根塗装は、実際に建物を調査しないことには明確な金額を提示することができません。とんとん拍子に話が進んでしまうような場合は、多くの場合「悪質業者」だと思って間違い無いでしょう。 とくに、訪問販売の形で契約を結びにきている場合は中止してください。そして、万が一契約してしまった場合は、契約日から8日以内にクーリングオフで対処するようにしましょう。 少しでも不審に感じるところがある場合は、消費者センターに相談してください。もし、訪問販売業者があなたのご自宅で長い時間居座って脅すような態度で契約を迫るようならば、地元の警察に連絡しましょう。 ジャパンテック株式会社ではこうした違法な訪問販売業者を許しません!あなたのご自宅をろくに調査もせずにリフォーム工事や塗装工事をするような業者が来たら、ぜひ当社にご一報ください!当社には外装劣化診断士をはじめとした、建物の劣化診断のプロが在籍しています。 違法業者にはできないプロの目線であなたのご自宅をくまなくチェック!そのうえで適正な工事を提案いたします!あなたの大切なマイホームを守れるのはあなた自身です。 気になる点などがあれば、ぜひ当社にご相談ください!あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.03.07(Thu)

詳しくはこちら

業者の選び方越谷市

未来への一歩:ジャパンテックの展望

アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 営業部のありまです! 先日2024年2月16日に福岡市で開催されたアステックペイント全国大会において、当社ジャパンテック株式会社が見事施工実績において 「埼玉県1位」&「全国3位」 として表彰されました! まずは全国大会の模様を撮影した動画をご覧ください! 当社がチラリと写っていました! アステックペイントは遮熱塗料で4年連続シェアナンバーワンを獲得している塗料メーカーです。全国にアステックペイントの塗料を扱う塗装店は3000社を超えました。その中での埼玉県1位&全国3位の施工実績が当社ジャパンテックです! ▼合わせて読みたい▼※外部サイトです 【特集】アステックペイント 遮熱塗料シェア4年連続1位を獲得 今回のブログでは、この「アステックペイント全国大会の模様」と、当社とアステックペイントのパートナーシップについてお話ししていきたいと思います! ジャパンテックとアステックペイントのパートナーシップ ジャパンテック株式会社と塗料メーカー「アステックペイント」の関係は、単なる塗装店とメーカーの関係を超えています。 アステックペイントの遮熱塗料シェア4年連続第1位の実績は、当社が高品質の施工を行ううえで不可欠な要素でした。その品質と信頼性が、当社の施工に差をつける理由です。 当社は地元密着型の塗装専門業者でありながら、全国で優れた塗装店しか加盟できない「プロタイムズ」店舗として運営しております。 プロタイムズの経営理念である「社会に誇れる塗装工事を約束する」を実現するために、外装劣化診断士や国家資格である一級塗装技能士といったプロフェッショナルが所属しております。 以下はプロタイムズのホームページより引用したプロタイムズの「目指す方向性」です。 目指す方向性 プロタイムズでは、地域密着型営業を基本にし、あなたが住まわれている地域において、地域1番店を目指すためのビジネスモデルをご提供します。プロタイムズという住宅塗装のサービスブランドとそれぞれの会社様が持つ独自のブランド(社名や強み)を融合させ、地元で営業展開をおこない、地元で「住宅の塗装ならプロタイムズさん(◯◯塗装さん)が一番安心だね」と第一想起されるような姿を目指していきます。 引用元|プロタイムズ公式ホームページ:経営理念・ビジョン わたしたちジャパンテックはお客さまから「越谷市、春日部市の住宅の塗装ならプロタイムズさん(ジャパンテック)が一番安心だね」と思っていただけるような塗装店を目指して、日々業務に取り組んでいるのです! 全国表彰施工実績3位の背景 全国3位の施工実績は、一夜にして達成されたわけではありません。アステックペイント製品の継続的な使用により、わたしたちジャパンテックは多くの塗装工事で卓越した成果を上げることができました。 これは、品質へのこだわりと顧客満足を最優先に考えるわたしたちの姿勢の証です。代表取締役奈良部を中心に営業スタッフ、職人チーム、事務スタッフ、そしてマスコットキャラクターのじゃぱ丸くんやサクラちゃんが一丸となって1つの現場で高品質の塗装に携わっています。 それら1つ1つの現場での評価の積み重ねが全国3位という素晴らしい結果につながったと自負しております! ジャパンテックの施工実績と顧客満足度 わたしたちの施工事例は、アステックペイントの品質を最大限に活かし、お客様から高い評価を受けています。遮熱性能を活かした塗装で、建物の快適性とエネルギー効率の向上に貢献したり、ツートンカラーや人気の色で見違えるようなお住まいに塗り替えたりなど、さまざまな施工を行ってきました。 ▼合わせてチェックしたい▼ ジャパンテックの施工事例一覧 これらの施工実績は当社に所属する全スタッフの日々の積み重ねが生み出した財産でもあります。また、施工したお客さまからいただいた温かいお言葉やお手紙はなによりの励みにもなっています! ▼合わせてチェックしたい▼ ジャパンテックのお客様の声一覧 アステックペイントの選択がもたらす利点 アステックペイントを選択する最大のメリットは、その遮熱性能にあります。これにより、夏の冷房費削減に大きく貢献するだけでなく、塗装による建物の保護効果も期待できます。 また超低汚染性能も高いため、塗り替えるだけで10年以上ノータッチで美しい外壁を保てるというメリットもあるのです。 ▼合わせて読みたい▼ ジャパンテックが語る、プラチナリファイン2000Si-IRで実現する理想の家 アステックペイント菅原徹社長の理念とジャパンテックの理念のケミストリー 表彰式で当社代表取締役奈良部と施工管理担当の尾熊に表彰状と盾を渡してくださったのはアステックペイントの菅原徹社長です。菅原社長は以下のように語っております。 塗料や塗装の価値は“ 建物の寿命を延ばすこと” にある。 アステックペイントでは、「欧米のように建物を定期的に塗装するだけで、建物の寿命は大きく延びる」という考えのもと、建物の長寿命化に優れた塗料を使用することの重要さを啓蒙することに尽力しました。塗料や塗装の価値を“建物の寿命を延ばすこと”においたのは、建物の寿命が伸びれば、建物の建て直し等にかかる費用を抑えることができるため、人々の生活がより豊かになると考えたからです。 アステックペイントのこうした塗料・塗装にかける想いに賛同してくださる施工店様は次第に増え、今では全国1,000社以上の施工店様にアステックペイントの塗料をお取り扱いいただいております。 引用元|アステックペイント公式ホームページ:代表挨拶より 全国に1000社以上とありますが、現在は3000社を超える塗装店がアステックペイントを取り扱っています。このアステックペイントの取り扱い塗装業者の中での「埼玉県1位&全国3位」という結果は、ひとえに当社を信頼してご依頼いただいたお客さまあっての結果です。 埼玉県で1位、全国で3位という結果はまさに当社の理念とアステックペイントの理念が化学反応を起こした結果でもあるのです! 未来への一歩:ジャパンテックの展望 この度受賞した「埼玉県1位&全国3位」の施工実績は、ジャパンテック株式会社とアステックペイントとの強固なパートナーシップの賜物です。 わたしたちはこの結果を誇りに胸に、今後もお客さまに最高のサービスと最高の仕上がりを提供していきます。 ジャパンテックは今後も、アステックペイントと共に、更なる品質の向上と顧客満足度の向上を目指していきます。当社のサービスに興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください! あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.02.29(Thu)

詳しくはこちら

業者の選び方お知らせ

安全に屋根に登る方法が知りたい!もし屋根に登るのであれば「これ」だけは守ってほしい

安全に屋根に登る方法が知りたい!もし屋根に登るのであれば「これ」だけは守ってほしい

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 建設業では、年間300人以上の死亡者が出ています。厚生労働省の発表では、この死亡者の47%が墜落・落下によるものだとされています。つまり、専門業者が最新の注意を払っていても、事故が発生する可能性は十分にあるということです。 それでも、屋根に登らなければならない場面に直面すれば、対処するしかありません。業者を呼んでもすぐには助けてくれる保証はないのです。今すぐ屋根に登らなければならないとなった場合、絶対に守ってほしい注意点があります。 この記事では「どうしても屋根に登らなければならない時のための安全策」についてご紹介したいと思います。 屋根に登るのはどうして危険? 年間300人の死亡例の中で、半数近くが落下や墜落による事故での死亡だということが発表されています。そして、その中でも約27%が屋根からの落下や踏み抜き事故だということがわかっているのです。 プロでさえ事故に遭う状況ですので、素人が屋根に登れば自己の発生確率はより一層高くなるということが理解できるでしょう。 高所作業に関する法令 下表に挙げたものが、労働安全衛生規則によって指示されている高所作業で注意しなければならない条文の一部です。 労働安全衛生規則 第二編 第九章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止 (第五百十八条-第五百三十九条の九) 労働安全衛生規則 目次 第一節  墜落等による危険の防止 (作業床の設置等) 第五百十八条  事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。 2  事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に要求性能墜落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。 (開口部等の囲い等) 第五百十九条  事業者は、高さが二メートル以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、囲い、手すり、覆(おお)い等(以下この条において「囲い等」という。)   を設けなければならない。 2  事業者は、前項の規定により、囲い等を設けることが著しく困難なとき又は作業の必要上臨時に囲い等を取りはずすときは、防網を張り、労働者に要求性能墜落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。 (要求性能墜落制止用器具の使用) 第五百二十条  労働者は、第五百十八条第二項及び前条第二項の場合において、要求性能墜落制止用器具等の使用を命じられたときは、これを使用しなければならない。 (要求性能墜落制止用器具等の取付設備等) 第五百二十一条  事業者は、高さが二メートル以上の箇所で作業を行う場合において、労働者に要求性能墜落制止用器具等を使用させるときは、要求性能墜落制止用器具等を安全に取り付けるための設備等を設けなければならない。 2  事業者は、労働者に要求性能墜落制止用器具等を使用させるときは、要求性能墜落制止用器具等及びその取付け設備等の異常の有無について、随時点検しなければならない。 (引用:厚生労働省 労働安全衛生規則 第二編 第九章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止) ほんの一部ですが、キーポイントは「高さ2m」です。作業箇所が高さ2mを超える場合、墜落防止用の措置を必ず施さなければならないとされているのです。高さ2m以上というのは、平屋の屋根よりも低いということを覚えておきましょう。 通常、戸建て住宅の1階部分の高さはおよそ「2.4m」ほどとされています。つまり、2階から落下した時点で十分危険だということがわかるでしょう。そして、2階の窓から身を乗り出した状態で落下すれば、地面に接触するのは多くの場合「頭」からだということも理解しておいてください。 命綱の重要性 命綱の重要性は、厚生労働省の発表している「命綱GO活動」でご説明します。 平成 28 年に滋賀県下の建設業で発生した死傷災害は 118 件であり、前年の 149 件を 31件下回りました。このうち、高所からの墜落・転落による死傷者数は40人と最も多く全体の 34%を占めています。 また、平成 24 年 11 月6日以降「墜落・転落」による死亡災害は発生していませんでし たが、平成 27 年 1 月には高さ 12 メートルから、9 月には高さ 6 メートルから、平成2 8年10月には高さ10メートルから「墜落・転落」による死亡災害が発生し、加えて、平成 28年 12 月に行った建設現場36箇所への一斉監督では、手すり、安全帯等墜落転落防止措置が講じられていなかった違反が延べ24件と最も多くありました。 さらに、近年は経験年数の少ない労働者の労働災害が多く、現場での墜落・転落災害防止 のための安全技術が適切に継承されているか懸念されているところです。 安全帯は「命綱(いのちづな)」とも呼ばれ、命をつなぐ用具であり、安全帯使用の重要 性を認識いただくとともに、高所作業のみならず、墜落・転落のおそれのある箇所での使用を徹底するため、ゼロ災・滋賀「命綱GO(いのちつなごう)活動」を展開する活動です。 (引用:厚生労働省 命綱GO活動 実施要項) つまり、命綱をつけていない事故では死亡率が上がってしまうということなのです。この要項は滋賀県をメインで取り上げていますが、実際には世界中でこの活動が必要だと考えられます。 訪問業者が脚立やハシゴで屋根をチェックしているのはOK? 実際に現場調査に来る業者の多くは、屋根にハシゴをかけて状態をチェックすることが多いです。しかし、これはとても危険な行為だということを覚えておきましょう。 日常的にハシゴや脚立の扱いに慣れていて、固定方法を理解しているからこそできる方法なのです。 仮にハシゴや脚立を使って屋根に登る場合、以下の点に注意しなければなりません。 ・ハシゴの角度は75度 ・軒先にかける ・ケラバは横滑りするから危険 ・足元を安定させる ・ハシゴに体を預けて重心を家側に寄せる ・ハシゴと雨樋を固定する ・ハシゴは60cm以上屋根よりも高くなるようにする ・2人作業が安全 これらは、ハシゴや脚立で屋根に登る際の最低限の注意事項です。 屋根に登る際の最低限の装備 本来、屋根に素人が登るのは危険です。それを十分に理解した上で屋根に登るのであれば、以下に挙げる道具を用意することをおすすめします。仮に全て用意したからといって、素人が屋根に登る行為自体が安全ではないことも理解してください。 屋根に登る際の最低限の装備①|足場 足場がなければ命綱をかける場所がありません。かといって、個人的に足場を組み上げるだけでもかなりの重労働です。そのため、足場を組んでから屋根に登るという行為は、咄嗟の場合にはできないでしょう。 屋根に登る際の最低限の装備②|ロープ 室内から、もしくは登ろうとしている反対側からロープを渡すことで、命綱をかける場所を作りましょう。もちろん、反対側はしっかりと固定しておく必要があります。また、1本では十分な距離を移動できないのと、横滑りした際にロックが効かないので、最低でも3本以上は必要です。 用意できない場合は、無理して屋根に登るのはやめておきましょう。 屋根に登る際の最低限の装備③|安全帯(フルハーネス) 現在、6.75m以上の高さでの作業は安全帯着用が義務付けられています。しかも、作業床(足場)がない場合は高さ2mの時点で安全帯が必要です。 そして、従来の胴ベルトタイプでは認められなくなっているので、確実にフルハーネスタイプが必要になりました。 屋根に登る際の最低限の装備④|安全タビ 屋根に登る際は安全タビの着用も必須です。安全タビは靴底が滑りづらく作られていて、さらに薄いため足元の変化に瞬間的に気付けるというメリットがあります。 屋根に登る際は安全タビの着用が望ましいでしょう。スニーカーやデッキシューズでは、安定した作業を行えません。 屋根の点検はプロにおまかせが吉!できる限り自分で屋根に登るのはやめましょう はっきり言って、素人が屋根に登るということは自殺行為です。どうしても登らなければならない状況でない限り、屋根に登ろうとは思わないでください。鳶職や大工、リフォーム業者が屋根に登る前には、全員が安全講習を受けて危険性を理解した上で登っています。 その際、フルハーネスの安全帯に対する知識をつけることを「義務付けられている」のです。つまり、道具だけを持っているだけでは不十分だということを覚えておきましょう。 よほどの急ぎでない限り、自分では屋根に登らず、専門業者に依頼するようにしてください。 ジャパンテック株式会社では、屋根診断の際、高所用ハシゴや高所カメラ、場合によってはドローンを使って安全に診断を行います。診断漏れが無いように入念にチェックしつつも、しっかりと安全を担保しておりますのでご安心ください! 屋根の劣化にお悩みならば、ぜひ当社にご相談ください!診断、お見積りは無料です。あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.02.25(Sun)

詳しくはこちら

修理業者の選び方業者の選び方屋根リフォーム屋根工事雨漏り診断定期点検

スレート屋根をカバー工法で修理するメリットとデメリットを知ろう

スレート屋根をカバー工法で修理するメリットとデメリットを知ろう

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! スレート屋根は新築でも多く使われている屋根材です。そして、既存住宅にもとても多いため、経年によって劣化が進んでいるのも事実。だからこそ、スレート屋根の修理方法について予備知識を持っておきましょう。 今回の記事では「スレート屋根の対処方法」について見ていきたいと思います。大きなトラブルになる前に、屋根の定期点検をすることをおすすめします。 スレート屋根とは スレート屋根は、瓦のように起伏がある形状ではなく、比較的平らな屋根です。厚み5mmほどの薄い屋根材でできており、セメントを主成分にしたデザイン性の高さが人気の屋根材になります。 ただし、塗装による保護膜が必要で、セメントそのものでは十分な防水性を発揮することは難しいでしょう。およそ30年程度がスレート屋根の寿命と言われており、その頃になると塗膜が剥がれて白や黒の素材色が表に現れてしまいます。 アスベストを含むスレート 1990年代前半から使われてきたスレート屋根は、当時「アスベスト」を補強剤として使用していました。アスベストの危険性が明らかになり、2000年代前半には製造が完全に中止となり、ノンアスベストの製品が発表されるようになります。 しかし、アスベストを含んでいた頃よりも耐久性が圧倒的に低く、数年程度で劣化してひび割れや欠けが発生してしまいました。アスベストを含んだスレート屋根は、強度こそ優秀でしたが、健康被害の問題で使用できなくなっています。 しかし、現在もアスベストを含むスレート屋根が乗っている建物はたくさんあります。これらは今後対処が必要となるでしょう。 アスベストを含むスレート屋根はカバー工法がおすすめ アスベストを含むスレート屋根は、葺き替えるのに余計なコストがかかってしまいます。なぜなら、アスベストを産業廃棄物として処理する際、通常の産廃費用とは別にアスベスト処分費が発生してしまうからです。 さらに、工事業者もアスベスト用に準備をした上で作業しなければならず、手間が増えてしまうからなのです。完全にアスベストの心配をしないで良くなるには、既存の屋根を完全に撤去した上で、新たなノンアスベスト屋根材を使用するしかないでしょう。 しかし、とても高い費用を支払って処分するのは難しいため、既存の屋根を「封じ込める」ことで対処するのが現実的です。それが「カバー工法」と呼ばれる工事方法です。 カバー工法について カバー工法は「既存の屋根を残したまま新しい屋根を上に備え付ける」方法をいいます。この工法にはメリットとデメリットが存在するため、それらを理解した上で選択しなければなりません。 まずはカバー工法のメリット・デメリットからご紹介します。そして、カバー工法の手順についても簡単にご紹介しましょう。 カバー工法のメリット・デメリット カバー工法のメリット・デメリットは下表の通りです。 メリット デメリット ・工事費用を抑えられる ・工期を短くできる ・遮熱効果と断熱効果が増える ・野地板を長持ちさせられる ・構造材へのダメージが少ない ・屋根が重くなる ・嵌合式の場合部分補修が難しい ・金属屋根を取り扱える業者が少ない ・元には戻せない 工事費用が抑えられるのは、撤去・処分という工程が省けるからです。そのため、工期も短くなります。 また、既存屋根とは別に屋根を上に取り付けるため、直射日光が家屋に直接影響しなくなるため、遮熱性・断熱性が確保できるのです。この効果は、屋根材直下の野地板に発生する結露や湿気にも影響し、ダメージを抑えることができるというわけです。 そして、屋根を葺き替えるとなると、構造材へのダメージは著しいことになります。しかし、屋根を壊さないためダメージは少なく、構造材は本来の耐久性を保つことができるのです。 ただし、これらのメリットを得たことでデメリットも発生します。 既存屋根を残したまま新設した屋根の影響で、建物の最頂部には重量物が乗るため、地震の影響をモロに受けてしまいます。 また、既存屋根材が嵌合式の金属屋根だった場合、設置工事で取り外さなければならない時には全撤去が必要です。そのため、カバー工法の旨みを発揮できないこともあるのです。 そして、大きな問題として「金属屋根は板金工事」だという事実が大きく影響します。なぜなら、板金工事ができる職人が年々減ってきているからなのです。 さらに、カバー工法を施すと、建物の構造部分に大きなダメージが継続的に蓄積されることとなります。そのため、すでにダメージが蓄積されている屋根が本来の機能を維持し続けることは難しいでしょう。 穴あけの必要性 カバー工法は、既存屋根に別の屋根を新設しなければならないため、既存屋根には固定用の穴を開けなければなりません。つまり、既存屋根にある程度の強度がなければ施工できないということになります。 しかし、野地板に屋根を引っ掛けるわけではないため、屋根に穴が空いているからといって施工できないというものではありません。構造材に固定していく工事なので、基本的にほとんどの建物に適用できるでしょう。 ただし、重要物が最頂部にあるため、建物が揺れやすくなることは間違いありません。 カバー工法の費用相場 100m3の建物に対し、およそ100万円の費用でカバー工法は施工できるでしょう。費用相場の概算は下表をご覧ください。 工事の種類 費用相場 メリット 屋根塗装工事 25万円〜 塗料によって費用を抑えられる カバー工法 50万円〜 廃材処分費用が抑えられる 屋根葺き替え 70万円〜 耐用年数が長い   費用については、施工業者によって上下します。しかし、カバー工法は「現状の建物のメリットを活かしたまま短期間で施工できる」というメリットが大きく、葺き替えに比べ費用を大きく抑えられることが魅力です。 カバー工法は1度しかできない カバー工法は、屋根材が耐用年数を迎えるからといって、再度別のカバー工法を施すことができません。これは、一度カバーの屋根材を撤去してもおすすめできないことなのです。 例えば、カバー工法の上に2回目のカバー工法を施すとしましょう。この場合、既存のカバー屋根と本来の屋根を突き抜けてから固定具を設置することになります。そうなると、固定かなぐは本来のカバー工法以上の距離を保持しなければならず、耐久性は圧倒的に下がってしまうのです。 そして、すでに1度目のカバー屋根のせいで重くなっている最頂部に同量の重さが加わるため、建物の骨格が耐えきれません。下手をすれば施行中に押し潰される可能性さえあります。 では、カバー屋根を撤去して、別のカバー工法を新設したらどうでしょう。 理論上は可能ですが、1度目のカバー工法でダメージを蓄積した建物の骨格は、そのダメージを引き継いだ状態であることは確かです。 そこからまた同じように過負荷を加える状態に戻すよりも、全体を建て直した方が安心という状態になっていることは間違いありません。建物の歪みや外壁への影響をよく判断した上で行わなければならないでしょう。 カバー工法で住みやすい家を手に入れよう カバー工法は、実際に大きなメリットを享受できる工事方法です。しかし、同時にデメリットも大きく、今後の建物との付き合い方をよく考えた上で選択しなければならない工事方法だと言えるでしょう。 もし20年後も同じ建物を引き続き使用する気があれば、屋根を葺き替えるのも1つの選択肢になります。カビや苔、藻が生えているのを確認できたら、早い段階でメンテナンスを施し、大きなトラブルになる前に対処するのが一番良い選択です。 カバー工法を用いれば、住みやすい室内が手に入ります。アスベストの処分費用も発生せずに済むでしょう。コストを抑えて「今」済むことを快適にするには、カバー工法は十分に有用な方法だとおすすめします。 ▼合わせて読みたい▼ 越谷で屋根の修理を依頼するなら|誰にでもわかる説明をしてくれる業者の信頼性 屋根のカバー工事ならジャパンテックにお任せください! 屋根のカバー工法は葺き替え工事に比べて比較的安価で施工できる工事です。スレート屋根の劣化にお悩み、もしくはアスベスト含有建材でのスレート瓦を使用しているならば、オススメの工法です。 当社ジャパンテック株式会社はこれまで数多くの屋根カバー工法を施工してきました。丁寧な診断と正確な施工、そして充実したアフターサービスが当社の強みです。 あなたが今よりもさらにすごしやすいお住まいを実現したいならば、ぜひとも屋根のカバー工事をご検討ください! 診断、お見積りは無料です。遠慮なくご相談ください!あなたからのご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.02.25(Sun)

詳しくはこちら

修理業者の選び方業者の選び方屋根リフォーム屋根工事

越谷で屋根の修理を依頼するなら|誰にでもわかる説明をしてくれる業者の信頼性

越谷市で屋根の修理を依頼するなら|誰にでもわかる説明をしてくれる業者の信頼性

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 屋根の葺き替えを考えるきっかけは、目に見えるトラブルが発生したからです。それまで屋根になんて意識を向けるオーナー様は、一般的には存在しません。 しかし、表面化した屋根のトラブルは、確実に住民を不快にする酷い状況になってしまうでしょう。 この記事では「信頼できる屋根修理業者に依頼する際のポイント」についてお話しします。屋根の修理には大きなお金が動きます。失敗しないように重要なポイントをしっかりと押さえておきましょう。 屋根に修理が必要なとき 屋根の修理は「トラブルが発生した」から行動に起こすものです。 ・雨漏りしている ・瓦が滑落した ・穴が空いた これらのトラブルは、生活に確実な不利益をもたらします。室内が水浸しになることも考えられるでしょう。最悪の場合、建物の骨格にまで悪影響を及ぼす事態です。また、生活環境の厳しさも屋根によって発生します。 それぞれの特徴をみていきましょう。 屋根に修理が必要なとき①|雨漏りしている 雨漏りが発生すれば、急いで対処しなければなりません。しかし、どこに雨漏りの原因があるかは、詳しく調査しなければ発見するのは難しいでしょう。見た目のダメージだけが雨漏りの原因ではないのです。 雨漏りは外壁からも発生することもあれば、屋根から発生することもあります。どちらの場合も、大きなトラブルが原因とは限りません。ちょっとしたトラブルからでも雨漏りは発生するのです。 屋根に修理が必要なとき②|瓦が滑落している 瓦の滑落は、建物の周囲に落下物が残ることで発見できます。早めに対処をしなければ、他の瓦にも影響を及ぼすこともある上に、滑落した場所から雨漏りが発生することもあります。 屋根を構成しているのは瓦だけではありません。下には防水シートが敷かれ、その下には板が張られています。そして、骨格となる角材も屋根の構造部品です。これら全てに悪影響を与えるため、瓦の滑落は放置してはいけません。 屋根に修理が必要なとき③|穴が空いた 瓦屋根でもスレート屋根でも、穴が空けば即対応するようにしましょう。雨や風の影響だけではなく、虫や動物が入り込むことも考えられるのです。しかも、普段目にすることのない内壁の中側に巣食うため、駆除することでも大きなコストが発生してしまうのです。 オーナー自ら対処しようと試みるかもしれませんが、一般的に屋根の上は危険です。多少身軽さに自信があったとしても、万が一落下すれば大怪我につながってしまいます。確実に穴を塞ぐことと、怪我を負わずに済むためにも専門業者に対処してもらうことをおすすめします。 ただし、業者も即対応することは難しいです。部材を準備したり、穴を塞ぐための手間にも時間がかかります。一部を補修するだけなら良いですが、周囲のトラブルもあれば同時に対処することを提案することもあるでしょう。 目の前のトラブルだけを対処するのではなく、補修後に新たなトラブルが発生しないように対処するのも重要なことなのです。 屋根に修理が必要なとき④|夏の室内が暑すぎる 屋根1つで室内の温度が変わることをご存知ですか? 新築住宅でも選ぶことはできますが、一般的には瓦やスレートで屋根を作っています。素材の進化によって、それらの屋根材にも断熱・遮熱効果があるものが出ていますが、躯体の一部として使われてしまうので、後から屋根を葺き替えたりする場合よりも効果は薄いです。 傷み始めた屋根の修理方法の一つに「カバー工法」というものがあります。これは、遮熱効果が高い屋根材を既存の屋根の上に新たに設置することで、従来の屋根の外側にもう1つ屋根を作る方法です。 この方法を用いると、今まで直射日光を浴びていた屋根の上に「日傘」状態で先に日光を遮る屋根ができるため、家そのものへの熱伝達にワンクッション置けるようになります。これが室温変化を緩やかにする効果を持ち、過ごしやすい空間をつくりだせるというわけです。 お客さまに対してわかりやすい説明ができる屋根修理業者は信頼できる リフォームや修理を専門的に扱っている業者だからこそ、仕事には絶対の自信を持っているものです。 しかし、それを依頼する依頼者は、基本的に専門知識を学んでいるわけでもなく、技術的なことも理解しているわけではありません。 そんな相手に部材名だけで話を進めたり、工法だけを説明しても全く伝わらないのは当然のことです。それでも「自分だけがわかる話し方」をする業者は少なくありません。 依頼者にもわかりやすい説明をしてくれる業者は、その工事が「誰のための工事なのか」をちゃんと理解してくれていると感じるでしょう。 信頼できる業者を見分けるいちばんの方法が「依頼者にわかる言葉で説明してくれる」ということなのです。 信頼できる屋根修理業者のわかりやすい説明①|イラストを用いた説明 口頭だけで説明されても、お互いの認識に齟齬が生まれます。その認識の違いから、工事中に職人とトラブルになるということもあるでしょう。思っていた工事と違うことをされれば、依頼者は「余計な作業をして追加料金が発生するかもしれない」と感じてもおかしくありません。 もし、依頼事にイラストを使ってわかりやすい説明をしていたらどうでしょう。 ・どんな工事をするのか ・材料の特徴は ・工期の根拠となる待機時間 これらが明確に依頼主に伝わっていれば、認識の食い違いは起こらないはずです。 信頼できる屋根修理業者のわかりやすい説明②|ドローン撮影で現場を提示してくれる 屋根のトラブルを細かく発見するには、実際に屋根に登らないことにはわかりません。しかし、技術の進歩によって「ドローン」を活用した診断ができるようになりました。これは、余計なコストの発生を防ぐ大きな進歩です。 例えば、こんな事例があります。 ・屋根の診断のために登ったために、劣化していた瓦を割ってしまった ・問題箇所以外に劣化していた場所があり、職人が屋根を踏み抜いて怪我をした ・診断中に職人が落下した 実際に人間が屋根に登るということは、どんな事故が発生してもおかしくないのです。しかし、ドローンを使うことでこのリスクを排除した状態で屋根の診断ができ、設置されたカメラによって実際の状況を映像として確認できるようになりました。 職人からの説明だけではなく、映像を見ながら説明を受けられれば、依頼主にも工事の必要性がよく理解できるのです。 信頼できる屋根修理業者のわかりやすい説明③|予算に合わせて概算を出してくれる 工事の規模によっては多額の費用が発生してもおかしくありません。しかし、トラブル発生を予定しているわけではないため、予算が限られていることの方が一般的です。屋根の修理だけではなく、同時に出産や入院、結婚費用が必要ということだって考えられます。 その限られた予算でできる対処方法と、概算費用を提示してくれる業者は信頼できるでしょう。実際の見積りは詳細を確認しなければ算出できませんが、これまでの実績から提示できる概算がわかれば、依頼主としても頼みやすくなります。 信頼できる屋根修理業者のわかりやすい説明④|いくつかのパターンで見積りを作ってくれる 1つの方法しか工事方法がないということは滅多にありません。同じ工法での工事だったとしても、使用する材料によっていくつかのプランを提示できるものです。最新の材料を使用して高い費用で見積りを立てられても、予算に合わなければ依頼できません。 高い材料にあるメリットとデメリット、安い材料を使用した場合の今後の見通しなど、丁寧な説明を受けられれば依頼主も予算の算段をつけやすくなります。 業者主体ではなく、依頼主主体で工事をプランニングしてくれる業者であれば、信頼して依頼できるでしょう。 専門用語を並べるよりわかりやすく説明できる業者は信頼できる 塗料の名称やシーリング材の種類、どんな工法で対処するかなど、素人には呪文にしか聞こえません。その場では相槌を打つものの、実際には2割程度しか理解できていないということも十分に考えられます。 しかし、誰にでもわかる言葉を使ってくれて、専門用語には補足の説明までしてくれれば、素人でも工事の大半を理解できるでしょう。その心遣いができる業者こそ、信頼できる施工業者といえます。 工事を依頼する側が内容を理解せず、職人の好きなように作業して良いということはまずあり得ません。依頼主が安心できるように言葉を選んでくれる業者を選び、納得した上で工事依頼を出してください。 越谷で屋根の修理なら納得の説明ができるジャパンテックにおまかせください! 屋根の修理はお住まい一棟一棟ごとに異なる工事が求められます。そのため、お客さまに対してしっかりと説明し、ご納得いただいたうえで工事をすることがお客さまとの信頼関係構築には重要です。 ジャパンテック株式会社はお客様に対して専門用語を使ったご説明は一切いたしません。お客さまの理解度に合わせて、専門のスタッフが丁寧にわかりやすく施工方法や工事に必要な費用などをご説明させていただきます。 もちろんご予算に合わせた修理も可能です。安心して当社にご相談ください。当社には屋根劣化診断のプロである「外装劣化診断士」が在籍しております。 プロの目線で見た状況を踏まえて適切な施工方法を提案いたします。診断、お見積りは無料です。屋根の修理ならば、ぜひ当社におまかせください! あなたからのご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.02.25(Sun)

詳しくはこちら

修理業者の選び方業者の選び方越谷市

外壁塗装の会社の選び方|優良塗装業者の特徴を教えて

外壁塗装の会社の選び方|優良塗装業者の特徴を教えて

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 外壁塗装を請け負ってくれる業者は数多くあります。 しかし、その全てが優良業者であるというわけではありません。中には工事費用を水増ししたり、不要な工事をしたり、自分本位な工事で施主の意向を無視したりする業者もいるのです。 結論から言うと「優良塗装業者は常に施主を安心させてくれる」という特徴を持っているので、話している時に不信感を感じた場合は依頼を見送るのが良いでしょう。 この記事では「優良塗装業者の探し方」についてお話ししていきたいと思います。 外壁塗装を扱っている業者とは 現在、外壁塗装を請け負ってくれる業者は以下の4つです。 ・ハウスメーカー ・工務店 ・リフォーム専門店 ・塗装専門業者 それぞれの特徴について覚えておきましょう。 ハウスメーカー ハウスメーカーは、自社で設計から工事、アフターフォローまでを一元管理している業者であり、多くの場合で全国チェーン展開している有名建設業者です。全国展開しているため、良い口コミも悪い口コミも集まりやすく、またミスや不備がマスコミ等にも取り上げられやすいため、対応には細心の注意を払っているのが特徴といえます。 つまり、質の高いサービスを受けたければ、ハウスメーカーを選んでおくのが安心と言うことです。 しかし、ハウスメーカーは「選べる工事が限られる」という面で選びづらさがあります。先にもお伝えしたとおり「良い口コミも悪い口コミも集まりやすく、またミスや不備がマスコミ等にも取り上げられやすい」ため、できる限りミスの発生を抑止しています。 これは工事自体にも当てはまり、パッケージ化されて扱いに慣れているパターンでしか作業を依頼できないことがあるのです。一部だけ施主の希望する形式に変更するということは得意としていません。 ただし、依頼する側も「この業者のこのサービスを受けたい」というポリシーで工事依頼するので、工事内容のパッケージ化が必ずしもデメリットになるとはいえないでしょう。 工務店 職人が施主の希望をできる限り形にするという、オーダーメイドの工事を得意とするのが、地域で開業している工務店です。工事内容に決まった形はなく、対応できるものはどんな形でも理想を追求してくれるのが嬉しいポイントとなります。 ただし、個人店が多く、ハウスメーカーと比較するとコスト面で劣るのは否めません。これは、取り扱う材料が数多く、技術面でも研鑽を積んできている自信の表れです。施主の希望を確実に形作ることができるという面が最大のメリットで、そのためのコスト高は仕方がないことでしょう。 また、個々の技術力に依存するため、中には残念な仕上がりになってしまうこともあるのが大きな落とし穴です。工務店は利益を得るために、あえて材料の質を下げる提案をすることもあります。 例えば、提示料金では最上グレードのキッチンを入れられないというようなものです。しかし、実際には最上グレードを入れても全く問題がない工事費用で、利益を少し引き上げるために料金を据え置いた状態で材料費を下げるか、料金を上乗せして希望する材料を仕入れるかという提案をされることがあるのです。 全ての工務店がそんな悪質な方法で利益獲得に走るわけではありません。しかし、個人店であるが故に、タチの悪い方法を行う業者がいるということも理解しておきましょう。 リフォーム専門店 リフォーム専門店は、他の外装塗装を取り扱う業者に対し、一歩劣る場合が多いです。なぜなら、外装よりも内装を専門的に扱っていることが多いからです。 ただし、中には外壁塗装を専門で請け負っていた業者が、仕事の幅を増やすためにリフォーム専門店のFCに加盟していることもあるので、絶対に技術が劣っているとは言い切れません。 外壁塗装だけではなく、他にも改修したい場所があるという場合には、リフォーム専門店は強い味方になってくれるでしょう。1店舗では施工事例も限られますが、FC加盟店全店で考えた場合、全国規模の施工事例が存在します。 つまり、リフォームありきであればハウスメーカー並みの実績を持っているということです。 塗装専門業者 塗装を専門的に扱っている塗装専門業者であれば、素晴らしい仕上がりを期待できます。しかし、塗装業自体は設備さえあれば運営できるため、技術を証明する資格を持っていないケースも少なくありません。 中には、自動車の塗装や重量鉄骨などの腐食防止塗装を専門としていて、外壁塗装の実績をほぼ持っていないという業者さえいます。塗装専門業者に依頼する際は、過去の実績を必ず確認するようにしましょう。 外壁塗装業者の選び方 外壁塗装業者は、選び方一つで仕上がりに大きく影響を及ぼします。失敗しないためにも、業者の選び方には十分注意しましょう。 これからご紹介する内容を押さえながら、最良の選択をしてみましょう。 見積りは「相見積り」が基本 外壁塗装だけではなく、リフォームに関する工事を行う場合には「相見積り」が基本です。1社だけの見積りではなく、複数社を比較することで適正価格を見つけるための工程になります。 もちろん、信頼する1社だけに対応してもらうのも構いません。しかし、その業者が適正価格で工事しているのか、どんなサービスを期待できるのかは、1社だけの見積りでは把握できません。 そのため、複数社で相見積りを取り、希望する内容がどれくらいの費用で施工可能なのかをチェックすることをおすすめします。 施工実績をチェック 過去にどれだけの外壁塗装を行なってきたかは、施工後の仕上がりの期待値につながります。外壁塗装を1度も請け負ったことがないような業者では、最悪の場合「施工直後に剥離してしまう」ことさえあり得るのです。 多くの業者であれば、過去の実績をホームページなどで公開しています。他にも、施工実績としてリーフレットに納めていることもあるでしょう。 これらをしっかりと確認して、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。 施工後のアフターフォローの内容 外壁塗装を行うときは、他に何かしらのトラブルが発生していることが多いです。 ・雨漏り ・外壁の劣化や破損 ・瓦の滑落 これらの補修と同時に施工することが多いので、アフターフォローの充実度が大事になります。工事だけ終わらせて、その後発生したトラブルは無視をするような業者は、あまり信用できません。 雨漏りは、原因を解消できなければいつまでも止まりません。一時的に水が止まることはあっても、見えない場所でずっと雨漏りが続いているということはよくあります。その結果、断熱材が朽ちてしまったり、壁の内側でカビが大量発生したりという事例はよく聞きます。 外壁の劣化や破損も、適切に補修をかけた上で外壁塗装を施さなければ、施工後数日で塗装が剥がれてしまうということも考えられるため、適当な施工前準備をするような業者は危険です。 瓦の滑落は、なぜ滑落したかがわからないまま挿し替えても、すぐにまた滑落する恐れがあります。入れ替えただけでは問題の解決にはならないのです。 これらのような「事後のトラブル」にも備えた、手厚いアフターフォローがある業者であれば、安心して工事を依頼できます。 資格や実績の有無 外壁塗装に限らず、工事を依頼する際に大きな安心材料になるのが「資格」です。民間資格であっても、その資格に見合う知識を有しているという証明になります。つまり、資格を発行した協会が、その事業者の技術や知識の担保になってくれるということです。 実績は業者が提示していなければ確認できませんが、資格は取得した直後に提示されることが一般的です。そのため、外壁塗装に関する資格を取得している業者は、何も提示していない業者に比べてアドバンテージがある状態だと言えるでしょう。 受け答えの対応の質 一般的に、工事依頼者に対して横柄な対応をするような業者は、気持ちよく依頼することはできないでしょう。もしかすると、期待を上回るような素晴らしい技術を持っている可能性もありますが、その工事中も職人気質を施主に押し付けられれば面白くありません。 少なくとも、接客態度はその業者を図る大きな尺度となるでしょう。 ネット上の評判をチェック ネット社会において、口コミサイトやSNSに挙げられている評判はバカにできません。むしろ、業者の噂は確実にチェックしておくようにしましょう。 施工業者がちょっとしたミスをして、それが許せないと感じれば数分後にはSNSで拡散されている時代です。つまり、ここで悪評が少ない業者であれば、基本的に安心して依頼できる業者であると考えて間違いありません。 反対に、悪評が一切ないような業者は疑うべきだということも覚えておきましょう。情報操作によって、自社の悪評を削除させているケースがあります。良い口コミも悪い口コミもあり、その上で良い口コミが目立つという業者であれば、その総数が施工実績としても理解できます。 口コミをチェックする場合、外壁塗装相見積もりサイトなどの口コミよりもGoogle口コミやYahoo!ロコをチェックしましょう。なぜなら、外壁塗装相見積もりサイトの場合、極端な話、費用を積めば良い口コミだけ、良い評価にしてくれるところもあるからです。 Google口コミやYahoo!ロコといった大手検索サイトの口コミは業者側で評価を左右できないという厳格なルールがあります。そのため、過去に施工したお客様からの「生の声」が掲載されているのがGoogle口コミであり、Yahoo!ロコなのです。 口コミをチェックするならば、ぜひGoogle口コミやYahoo!ロコに掲載されている口コミ内容をチェックしましょう。 優良塗装業者は塗装専門業者に多い! 優良塗装業者はハウスメーカーや工務店に比べて、塗装専門業者に多いことも事実です。 なぜなら塗装工事は数あるリフォーム業の中でも、評判が集客に直結するためです。そのため、多くの塗装専門店では塗装の技術だけでなく、接客にも力を入れている所がほとんど。 塗装専門店の中には接客スキルである「接遇」の研修を社員だけではなく、職人も受けているところもあります。 高い技術と安心の接客対応、そして費用面でも施主に納得してもらえるような外壁塗装業者を選ぶようにしましょう。 ジャパンテックは埼玉県内において優良塗装業者としてお客様からお褒めの言葉をいただいております! 当社ジャパンテック株式会社は過去に施行してきた外壁塗装工事や屋根塗装工事において、多くのお客さまから「優良塗装業者」というお言葉を頂戴してきました。 塗装技術はもちろんのこと、接客スキルの向上も全社を挙げて取り組んでおります。施工中に疑問や不安なことがあれば、遠慮なく担当の職人にご質問、ご相談ください! 埼玉県の優良塗装業者として、確かな技術力と丁寧な接客で対応いたします。埼玉県で塗装業者をお探しならば、ぜひ当社をご検討ください! 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.02.24(Sat)

詳しくはこちら

塗装業者の選び方業者の選び方

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店 ジャパンテックへようこそ

奈良部 達也
ジャパンテック 株式会社

代表取締役奈良部 達也

会社案内はこちら

業者の選び方での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひジャパンテック 株式会社にご相談ください!

地域に愛され続ける会社を目指して

会社の「姿勢」で愛していただく
社員の「熱心さ」で愛していただく
サービスの「奉仕」で愛していただく

ジャパンテックは地域密着でどこの会社よりも「愛」を大事にして、地域から愛され続ける会社(優良塗装工事業者)をめざしております

改めてですが、本日は数あるホームページの中から外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店 ジャパンテックのホームページをご覧いただきありがとうございます。

弊社は、埼玉県越谷市・春日部市・さいたま市を中心に屋根・塗装リフォームをご提供しております。今日まで発展できましたのも、多くの皆様のお力添えと支えによるものであり、深く感謝しております。
施工にあたり、責任者が一括で管理することでお客様のご要望がスムーズに行われるよう務めております。また、工事完了後のアフターフォローも含め、最後までお客様に納得していただいて、喜んでいただくまでが私どもの仕事だと考えております。ひとえに、この様なサービスを提供する事が、地域の優良工事業者だと考えております。優良塗装工事業者を続けることで、地域の外壁塗装工事における、口コミ、評判、高い評価を頂けると思っております。

当店は今後も、地域に愛される外装リフォーム専門店を目指し、精進して参ります。サービスと品質の向上を追求し、お客さまにより高い満足と安心を提供し続けます。屋根・外壁リフォームをお考えの方はジャパンテックへぜひご相談ください。

アクセスマップ

  • 越谷ショールーム
    越谷ショールーム

    〒343-0027 埼玉県越谷市大房874-4
    TEL:048-971-5586  
    FAX:048-971-5626
    営業時間 9:00~18:00 日曜祝日定休

  • 越谷南ショールーム
    越谷南ショールーム

    〒343-0822 埼玉県越谷市西方2-25-4
    TEL:048-940-9112  
    FAX:048-940-9113
    営業時間 9:00~18:00

  • 春日部ショールーム
    春日部ショールーム

    〒344-0058 埼玉県春日部市栄町2-269
    TEL:048-797-7967  
    FAX:048-797-7966
    営業時間 9:00~18:00 水・日曜定休

  • 杉戸宮代ショールーム
    杉戸宮代ショールーム

    〒345-0043 埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野1766−1
    営業時間 9:00~18:00

  • 岩槻店
    岩槻店

    〒339-0018 埼玉県さいたま市岩槻区大野島3-1
    TEL:048-795-7915  
    FAX:048-795-7916
    営業時間 9:00~18:00 日曜祝日定休

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • ドローン点検
自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら
適正価格はいくら?越谷市、春日部市で外壁塗装の気になる相場は?30坪、40坪、50坪、ご自宅の条件をもとに試算した、概算費用も分かります。相場をチェックしてみる
建物まるごと抗ウイルス・抗菌対策 キノシールド
リフォームの基礎知識|じゃぱ丸リフォーム
大規模修繕工事 じゃぱ丸アパマン館

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

ジャパンテックのホームページをご覧の皆様へ アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ

施工事例WORKS

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! お家の様子を色々な角度から安全で簡単にチェック!!ドローン点検 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 外壁・屋根塗装専門店ジャパンテックのこだわり施工プラン カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-605-586

お問い合わせフォーム

ジャパンテック 越谷市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店
ジャパンテック 株式会社

〒343-0027
埼玉県越谷市大房874-4
TEL:0120-605-586
FAX:048-971-5626