MENU CLOSE

越谷市、さいたま市、春日部市の外壁塗装・屋根塗装のことならジャパンテック(プロタイムズ越谷店)

現場ブログ - 春日部市 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 地域別情報 > 春日部市

春日部市の記事一覧

アパートやマンションの屋根塗装を高機能に!遮熱と断熱の違い

アパートやマンションの屋根塗装を高機能に!遮熱と断熱の違い

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! アパートやマンションの屋根塗装を検討中の皆様!遮熱塗料や断熱塗料の効果をご存じですか?どちらも様々なメリットがあるため、とてもオススメです。 今回のお役立ちコラムでは遮熱と断熱の違い、遮熱塗料や断熱塗料を使うメリットとデメリットなどを詳しく解説しますので、気になっている方は参考にしてみてください! ▼合わせて読みたい▼ 【春日部市】マンションにひび割れが!外壁塗装の必要性や補修費用について 遮熱と断熱の違い 遮熱塗料は太陽光による熱などを反射し、建材が熱くなるのを低減させます。建材から室内に伝わる熱も少なくなるため、真夏の暑い時期も比較的涼しく過ごせるようになるでしょう。 一方で断熱塗料は室内の熱を室外に逃がさないようにするもので、冬の寒い時期でも比較的暖かく過ごせるようになります。また塗装面の温度が上昇しにくいため、夏も比較的涼しく過ごせるでしょう。 (断熱塗料は夏も冬も過ごしやすい機能を持ちますが、遮熱塗料に断熱効果はないため、遮熱塗料の場合は夏が過ごしやすさに特化しているといえるでしょう) 屋根塗装に遮熱塗料を使うメリットとデメリット まずは屋根塗装に遮熱塗料を使うメリットとデメリットを詳しく解説しますので、参考にしてみてください。 遮熱塗料のメリット 遮熱塗料で屋根を塗装した場合、屋根の温度が上昇しにくくなり、室内の温度も2℃から3℃ほど下がると言われています。室内の温度が下がれば快適に過ごせるだけでなく、空調代の節約にもつながるでしょう。 空調代のうち1割から2割ほど節約できると言われているため、例えば空調代に10000円かかっているのであれば、月に1000円から2000円ほど節約できます。 入居者様の中には空調を使わない方もいるでしょうが、遮熱塗料を使うことでいくらかの熱中症対策にもなるでしょう。遮熱塗料さえ使えば熱中症が起こらないとまでは言いませんが、2℃から3℃下がるだけでもかなり涼しく、過ごしやすいはずです。 また、屋根材に熱が籠もりにくくなることで、屋根材の劣化を緩やかにする効果もあります。遮熱塗料自体の耐用年数も長く、長い目でみるとかなりメリットが多いでしょう。 入居希望者様に対して、屋根に遮熱塗料を使っているとアピールするのも1つの手です。空調代の節約効果を考えれば得だと感じる方も多いでしょう。 ちなみに、遮熱塗料の効果は塗料の種類や色によっても変わります。色に関しては白に近い色の方が遮熱効果を発揮しやすいためオススメです! 遮熱塗料のデメリット 一般の塗料に比べると若干費用が高いことと、塗装した面が汚れると遮熱効果が薄れてしまう点に注意してください。汚れに関しては、定期的に清掃するのも手ですが、汚れにくい遮熱塗料を使うことで手間を省くことも可能です。 ▼合わせて読みたい▼ ジャパンテックが語る、プラチナリファイン2000Si-IRで実現する理想の家 屋根塗装に断熱塗料を使うメリットとデメリット 続いて、屋根塗装に断熱塗料を使うメリットとデメリットを詳しく解説します。 断熱塗料のメリット 断熱塗料も遮熱塗料と同様に屋根の温度が上昇しにくくなり、室内の温度も2℃から3℃ほど下がると言われています。空調代を節約できる点や熱中症対策になる点、屋根材の劣化を緩やかにする点や、耐用年数が長い点も同じです。 断熱塗料は温度上昇を防ぐだけでなく、室内の熱を逃がさない効果もあるため、冬も比較的暖かく過ごせるのが大きな違いと言えるでしょう。 断熱塗料のデメリット 断熱塗料は、遮熱塗料よりもさらに費用が高くなりがちです。また、屋根裏に断熱材が入っている場合もあまり効果を感じられないでしょう。 アパートやマンションに遮熱塗料や断熱塗料を使うメリット アパートやマンションに遮熱塗料や断熱塗料を使うメリットについても紹介します。 過ごしやすく光熱費も抑えられるため、価値を感じてもらえる 遮熱塗料や断熱塗料を使っているとアピールすれば、「夏でも涼しく過ごせる」「光熱費を節約できる」などの付加価値が生まれます。入居率に影響する可能性も大きいため、大きな価値が生まれると言えるでしょう。 どうせ塗装をするなら、高機能な塗料を選んだ方がお得 遮熱塗料や断熱塗料はその他の塗料より高価な塗料ですが、耐用年数も長いため、長い目でみるとかなりお得です。 屋根塗装において、使う塗料によって塗料代は変化しますが、足場代や人件費にはほとんど変化がないため、耐用年数が長い塗料を使った方が経費削減につながります。 さらに様々な機能が加えられる点を考えると、どうせ屋根塗装をするなら遮熱塗料や断熱塗料を使った方が、メリットが多いと言えるでしょう。 屋根の劣化対策になり、建物が長持ちする 屋根材は太陽熱によっても劣化がすすむため、遮熱塗料や断熱塗料を使うことで屋根の劣化対策になります。屋根材の交換よりは屋根塗装の方が費用を抑えられるでしょう。また屋根の劣化対策は、アパートやマンションの価値を維持することにもつながります。 アパートやマンションの屋根塗装にかかる費用を抑える方法 アパートやマンションの屋根塗装にかかる費用を抑える方法を3つ紹介しますので、少しでも費用を抑えたい方は参考にしてみてください! ▼合わせて読みたい▼ 【宮代町】外壁塗装の費用相場は?コスパのよい塗料を地元密着型塗装業者がくわしく解説! 複数の業者に見積りを出す 屋根塗装にかかる費用は屋根の面積や状態、アパートやマンションの高さ、使う塗料によって大きく変化します。そのため見積りを依頼しないことには正確な費用がわかりません。 1社だけに見積りを依頼した場合、適正価格であるかの判断も難しくなるため、複数の業者に見積りを出し、相場を知る必要があります。 各業者の見積額が似通っているなら、相場がすぐにわかりますが、バラバラで差が激しい場合はさらに数社に見積りを依頼して、相場を調べましょう。 1つ注意しておきたいのは「見積りが安い=お得な業者」とはかぎらない点です。見積りが極端に安い場合、他の業者よりもいくつかの手順を省いているか、他の業者よりもグレードの低い塗料で見積もっている可能性があるでしょう。 なぜ安いのか、なぜ高いのかを必ず確認し、本当に得だと思える業者や信頼できる業者を選ぶことをオススメします。 複数の業者に見積りを出しつつ「他の業者にも見積り依頼をしているから、返事は少し待って欲しい」と伝えるのも1つの手です。 競争が生まれれば、各業者の特徴やメリットをアピールするはずですから、各業者の差がわかりやすくなります。 地元に密着した業者に直接依頼する 地元に密着した業者に直接依頼すると、仲介手数料が発生しないため、費用を抑えられるでしょう。仲介手数料は工事金額のだいたい15%から20%ほどと言われているため、仮に直接依頼であれば100万円で済む工事も、仲介手数料が発生すると115万円から120万円ほどになってしまいます。 あえて仲介手数料をはらうメリットはほとんどないため、できるだけ地元に密着した業者を選び、直接依頼するようにしましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の会社の選び方|優良塗装業者の特徴を教えて 屋根塗装と外壁塗装を同時に行う 屋根塗装を行う場合、足場を組み上げる必要があり、足場代が発生します。足場設置は全体費用の2割ほどをしめる大がかりな工事ですが、屋根塗装で設置した足場は外壁塗装にも使えるため、足場代が1回分浮くでしょう。 仮に足場代が20万円であるなら、屋根塗装と外壁塗装を同時に行った方が20万円分、費用を削減できます。さらに屋根塗装と外壁塗装のサイクルを合わせることで、次回も同じタイミングで塗装しやすくなるため、長い目でみるとかなり費用を削減できるでしょう。 1度にまとまったお金が必要になる点がデメリットと言えますが、足場代を考えると屋根塗装と外壁塗装を同時に行うことをオススメします。 ジャパンテックで未来の住まいを考えてみませんか? アパートやマンションの屋根塗装を検討する際、遮熱塗料と断熱塗料は非常に有効な選択肢です。これらの高機能塗料を使うことで、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中快適な居住空間を保つことが可能になります。さらに、空調代の節約や屋根材の劣化防止にも寄与し、長期的には大きなコスト削減につながります。 遮熱塗料と断熱塗料は、それぞれが持つ特性を理解し、自らの建物や居住者のニーズに最適なものを選ぶことが重要です。たとえ初期投資が高めであっても、その効果と耐久性を考えれば、結果的には経済的なメリットが期待できるでしょう。また、塗料の選択だけでなく、施工業者の選定にも注意を払い、複数の見積もりを比較検討することが望ましいです。 ご自宅や管理している建物の屋根塗装について、もっと知りたい情報や具体的な相談があれば、ぜひ当社ジャパンテックにお問い合わせください。専門のスタッフが一つ一つ丁寧にご説明し、最適な塗装計画をご提案いたします。問い合わせフォーム、メール、またはお電話でのご相談、さらにはショールームへのご来店も大歓迎です。ジャパンテックでは、あなたの大切な投資を最大限に活かすお手伝いをいたします。 ▼合わせてチェックしたい▼ ジャパンテックのショールーム ジャパンテックの施工事例 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.06.16(Sun)

詳しくはこちら

節電アパート・マンション地域別情報工事について屋根塗装南越谷杉戸町さいたま市宮代町春日部市越谷市三郷市吉川市松伏町その他地域

【春日部市】マンションにひび割れが!外壁塗装の必要性や補修費用について

【春日部市】マンションにひび割れが!外壁塗装の必要性や補修費用について

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 春日部市にお住まいの皆様、マンションの外壁にひび割れが発生して困っていませんか?外壁塗装はマンションの美観を保つだけでなく、建物全体の耐久性や防水性を維持するために重要な役割を果たします。特に、外壁にひび割れが生じると、放置すると深刻な問題へと発展する可能性があります。そのため、早期の補修や再塗装が必要です。 今回のお役立ちコラムでは、春日部市内のマンションで発生する外壁のひび割れについて、主な原因や補修の必要性、そして具体的な補修費用について詳しく解説します。マンションの外壁にひび割れが発生する主な原因は、経年劣化、施工不良、振動や衝撃などさまざまです。これらの原因によって外壁が劣化し、ひび割れが発生することがあります。 例えば、外壁塗装に使われる塗料には耐用年数があり、どんなに高品質な塗料でも経年劣化は避けられません。また、施工不良によってもひび割れが発生することがあります。さらに、車や電車の振動、地震や台風による衝撃なども外壁にひび割れを引き起こす原因となります。 春日部市でマンションの外壁にひび割れが発生した場合、その補修費用や方法についても知っておくことが重要です。軽微なひび割れならシーリング材の注入やVカット工法で対応できる場合がありますが、外壁全体が劣化している場合は再塗装が必要となることもあります。また、大規模修繕が必要な場合もあり、その費用はマンションの規模や状態によって異なります。 このコラムでは、春日部市のマンションの外壁ひび割れ補修に関する具体的な情報を提供し、安心して補修を進めるためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしていただき、大切な住まいの外壁をしっかりとメンテナンスしましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装の会社の選び方|優良塗装業者の特徴を教えて マンションの外壁がひび割れてしまう主な理由 マンションの外壁がひび割れてしまう主な理由は以下の4つです。いずれかではなく、複数の原因が重なってひび割れてしまうこともあります。 外壁塗装の経年劣化 マンションの外壁塗装に使われる塗料には耐用年数があり、どんなにハイグレードな塗料を使っていたとしても経年劣化は避けられません。環境や天候によっても左右されますが、主な塗料の耐用年数は以下の通りです。 塗料の名前 耐用年数 アクリル塗料 3〜8年 ウレタン塗料 5〜10年 シリコン塗料 7〜15年 ラジカル塗料 8〜16年 フッ素塗料 12〜20年 光触媒塗料 10〜20年 セラミック塗料 10〜25年 無機塗料 10〜25年 耐用年数が短いアクリル塗料は厳しい環境下だと3年もすれば劣化する一方で、フッ素塗料や無機塗料などの高耐久な塗料は20年以上機能を維持し、ひび割れしないこともあります。 ひび割れ以外に塗膜が色褪せていたり剥がれていたりするならば、経年劣化の可能性が高いでしょう。チョーキング(手で触れると白い粉が付く状態)やカビ、サビなどが広範囲で発生している場合も経年劣化している可能性があります。 ▼合わせて読みたい▼ 春日部市で外壁塗装を計画中?知っておきたい費用相場とお得な選び方 外壁塗装の施工不良 前回の外壁塗装からあまり時間が経っていないのにひび割れが発生しているならば、外壁塗装業者の施工不良かもしれません。 たとえば乾燥不足のまま中塗りや上塗りをしてしまうと塗料が剥がれやすくなります。全ての塗料には乾燥させるべき時間が定められており、乾かない内に工程をすすめればひび割れの原因となるでしょう。 その他、外壁と相性の悪い塗料を使ってしまった場合や、下塗り塗料と相性の悪い中塗りや上塗り塗料を使ってしまった場合、塗布量が十分でない場合もひび割れが起こる可能性が高くなります。 業者と交わした契約の保証期間内に施工不良が発覚したのであれば、無料で再塗装もしくは補修する義務があるため、早めに塗装業者に連絡しましょう。 車や電車、地震などの振動 車や電車、地震などの震動でマンションの外壁にひび割れが発生することもあります。硬い塗料ほど振動に弱い傾向にあり、ひび割れを放置すると更に酷くなる場合もあるため注意しましょう。 経年劣化ではなく、震動によるひび割れならば部分的な補修で済む可能性が高く、早めに補修した方が、被害が広がらず安く済みます。ひび割れの危険度については後ほど「ひび割れのレベルで危険度が違う!」で紹介しますが、気になる場合は業者に点検してもらった方が安心です。 外部からの衝撃(自転車や車がぶつかった、台風の影響で飛来物が飛んできたなど) マンションの外壁に自転車や車がぶつかってひびが入ることもあれば、台風の影響で飛来物が飛んできてひび割れることもあります。このような外的要因でひび割れたならば、火災保険を使って補修できる可能性もあるため、早めに保険会社に連絡しましょう。 ひび割れ補修に火災保険を使いたい場合 火災保険で対応できるかは、ひび割れた原因と加入している火災保険の保証範囲によります。たとえば標準火災保険の場合、保証範囲は火災と落雷、爆発などであり風水害は含まれません。 一方で広範囲火災保険や全リスク火災保険など、保証範囲が広い保険であれば、台風や強風による被害にも対応してもらえます。保険によっては地震も保証範囲内となっている場合があるでしょう。 原因と保証内容が合致していたとしても、被害から3年以内でないと保証範囲外となってしまうため、できるだけ早く保険会社に連絡することをオススメします。 保証金額は保険の内容と、保険会社が派遣する損害鑑定人の鑑定によって決まりますが、全額自分で出すより費用が抑えられることは間違いありません。 ひび割れのレベルで危険度が違う! おなじマンションの外壁のひび割れでも、ひびの深さや幅によって危険度が違います。いずれに該当するか確認してみてください。 【ひび割れレベル1】幅0.3mm以下&深さ4mm以下のヘアークラック 幅0.3mm以下&深さ4mm以下のひび割れ(クラック)は、ヘアークラックと呼ばれます。ひび割れのなかでは比較的軽度なレベルであり、ひとまずは経過観察でも問題ありません。手に届く範囲でマンションのヘアークラックを見つけた場合は、DIYで応急処置をすることも可能です。 DIY向けのセメント補修材は、スティックタイプやスプレータイプ、注入タイプなど様々なものがあり、こちらもクラックスケールと同様インターネット通販やホームセンターで手に入ります。 【ひび割れレベル2】幅0.3mm以上のひびはモルタルまで破損しているかも 幅0.3mm以上のひびはマンションの外壁塗装だけでなく、内部のモルタルまで破損している可能性があります。放置すると雨水が染みこみ続けて被害が拡大し広範囲で塗膜が剥がれたり、モルタルや更に奥の外壁材に染みこんで雨漏りや腐食、カビやシロアリ発生の原因となったりするでしょう。 早めに補修した方がよい状態で、職人による点検も必要となるため、業者に依頼して補修することをオススメします。次に紹介するひび割れレベル3に到達する前に補修すれば、費用も抑えられるでしょう。 【ひび割れレベル3】幅0.7mm以上は外壁材まで達している可能性大 幅0.7mm以上のひび割れはモルタルを貫通し、外壁材まで達している可能性があります。外壁材が劣化している場合、外壁材の補修や張り替えが必要になることもあるでしょう。 放置すると被害が拡大し、マンション全体を改修する必要がでてくるため、できるだけ早く補修すべきです。 あると便利!クラックスケール クラックスケールとはひび割れの幅を調べるための専用の定規です。それぞれのクラック幅が印刷されており、一般的な定規を壁面に当てるよりも測りやすく便利なので、1つ持っておくことをオススメします。 クラックスケールは、インターネット通販はもちろんのことホームセンターなどでも販売していますので、必要だと感じる方は購入しておきましょう。 春日部市におけるマンションのひび割れ補修はいくら?費用の目安 春日部市におけるマンションのひび割れ補修の費用について説明します。ひびの大きさや深さ、マンションの状態によっても変わりますが、参考にしてみてください。 パテやシーリング材で補修する場合 軽微なひびの場合、シーリング材を注入するだけで済むこともあります。春日部市の相場は1mあたり500~1,200円ほどです。シーリング材だけでは補修できないが、劣化がそこまで広がっていないなら、Vカット工法で補修可能かもしれません。 Vカット工法とはひび割れに沿ってサンダーで切り込みを入れて下塗りを行い、シーリング材で埋めた後左官処理を行って仕上げ、最後に周りの塗装に合わせて部分的な塗装を施す補修法です。 外壁塗装が必要と判断された場合 ひび割れだけでなく、外壁塗装全体が劣化していると判断された場合、ヘアークラックだとしてもマンション全体を再塗装する必要があるでしょう。外壁塗装にかかる費用は外壁の面積と使う塗料、マンションの高さによって大きく左右されますが、春日部市における相場は以下の通りです。 マンションの階数 費用相場(春日部市の場合) 3階建て 約120~420万円 4階建て 約330~560万円 5階建て 約450~700万円 6階建て 約500~800万円 7階建て 約600~1000万円 塗料を選ぶ際は耐用年数も考慮しましょう。塗料はハイグレードなものほど耐用年数が長くなりますが、足場代や人件費はどの塗料を選んでも変わりません。つまり塗装やメンテナンスの頻度が多くなるほど、足場代や人件費がかかる分ランニングコスト面に難があります。 戸建ての住まいではシリコン塗料が主流ですが、マンションの外壁塗装の場合は耐用年数長く汚れにも強いフッ素塗料の方が人気があります。(フッ素塗料は公共の施設を塗装する際によく選ばれる塗料です。) 大規模修繕が必要になった場合 ひび割れだけでなく、マンションの様々な箇所が劣化している場合、大規模修繕が必要になることもあります。春日部市における大規模修繕の相場は、20戸程度の小規模なマンションで2000万円ほど、50戸程度ある中規模マンションだと5000万円から6000万円ほどかかるでしょう。 大きな金額が動く分、業者選びも更に重要になるため、できるだけ多くの業者に見積りを依頼し、納得のいくものを選ぶべきです。金額だけでなくアフターフォローや保証を確認することも忘れないでください。 ジャパンテックでマンションのひび割れ補修を安心して依頼しよう! 今回のお役立ちコラムでは、春日部市におけるマンションの外壁ひび割れの原因や補修方法、補修費用について詳しく解説しました。マンションの外壁にひび割れが発生する主な理由には、経年劣化や施工不良、振動や衝撃などがあります。特に経年劣化によるひび割れは、早期に発見し適切な補修を行うことで、被害の拡大を防ぎ、修繕費用を抑えることができます。 ひび割れ補修の費用は、ひびの大きさや深さ、マンションの状態によって異なりますが、軽微なひび割れならシーリング材の注入やVカット工法で対応できる場合があります。一方で、外壁塗装全体が劣化している場合は、マンション全体の再塗装が必要となり、その費用はマンションの階数や使用する塗料によって大きく変わります。 ジャパンテックでは、春日部市のマンションの外壁ひび割れ補修や外壁塗装に関するご相談を承っております。経験豊富なスタッフが、ひび割れの原因を正確に診断し、最適な補修方法を提案いたします。大規模修繕が必要な場合でも、複数の業者に見積もりを依頼し、納得のいく価格と品質の修繕を提供いたします。 詳しい情報やご相談は、問い合わせフォームからのお問い合わせ、メール、電話でのご相談、またはショールームへの来店をお待ちしております。安心してマンションのひび割れ補修を依頼できるよう、ジャパンテックが全力でサポートいたします。ぜひ今すぐご連絡ください! ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力 ジャパンテックの施工事例 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.05.24(Fri)

詳しくはこちら

外壁補修アパート・マンション塗装業者の選び方修理業者の選び方外壁塗装春日部市

【春日部市】戸建ての屋根塗装や屋根材は何年で劣化する?

【春日部市】戸建ての屋根塗装や屋根材は何年で劣化する?

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 春日部市にお住まいの皆様、戸建ての屋根塗装について悩んでいませんか? 屋根塗装がどれくらいで劣化するのか、また屋根材の補修が必要かどうか知りたい方は多いでしょう。屋根は住宅の重要な部分であり、定期的なメンテナンスが不可欠です。しかし、どのタイミングで塗装や修理を行うべきか、具体的な耐用年数や劣化症状についての情報は意外と少ないものです。 今回のお役立ちコラムでは、春日部市の戸建て住宅における屋根塗装や屋根材の劣化について詳しく解説します。屋根塗装の種類や耐用年数、屋根材の特徴や劣化のサイン、そして適切な補修方法など、必要な情報を網羅しています。これから屋根のメンテナンスを考えている方や、劣化が気になる方にとって有益な情報を提供します。 屋根塗装は使用する塗料の種類によって耐用年数が異なり、春日部市で一般的に使用されるシリコン塗料は平均して10年前後の耐用年数があります。また、フッ素塗料や無機塗料などの高耐久塗料もあり、それぞれの特徴と耐用年数についても詳しく解説します。さらに、屋根材についても、スレートやガルバリウム鋼板、トタン、日本瓦などの種類ごとにその特徴と劣化症状、メンテナンスの必要性について触れていきます。 屋根のメンテナンスは、住宅全体の寿命を延ばし、美観を保つために非常に重要です。春日部市で戸建て住宅をお持ちの方は、ぜひこのコラムを参考にして、屋根塗装や屋根材の劣化に対する知識を深め、適切な時期にメンテナンスを行うことで、大切な住まいを守りましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 【春日部市】屋根修理に使える助成金や補助金はある? 戸建ての屋根塗装や屋根材はどれくらいで劣化するのか まずは戸建ての屋根塗装や屋根材がどれくらいで劣化するのかを説明します。 使用している塗料による違い 主な塗料の耐用年数は以下の通りです。耐用年数は立地や天候などによっても左右されるため、参考程度にお考えください。 塗料の名前 耐用年数 アクリル塗料 3〜8年 ウレタン塗料 5〜10年 シリコン塗料 7〜15年 ラジカル塗料 8〜16年 フッ素塗料 12〜20年 光触媒塗料 10〜20年 セラミック塗料 10〜25年 無機塗料 10〜25年 春日部市の戸建てで一般的なのはシリコン塗料です。シリコン塗料は比較的汚れに強く、カビや藻・苔が発生しにくい上、塗膜が硬く剥がれにくい塗料として知られています。シリコン塗料の耐用年数は平均すると10年前後であるため、10年程度の間隔で再塗装するのが一般的でしょう。 一方で耐用年数が長い塗料の代表格はフッ素塗料です。公共の施設やマンションの屋根にも使われることが多い塗料で、シリコン塗料より耐用年数が長いだけでなく、汚れにもとても強い塗料として知られています。 ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装と屋根塗装|遮熱塗料で環境に合わせよう 使用している屋根材による違い 塗料を塗る屋根材も劣化するため、耐用年数などを覚えておきましょう。屋根材によっては日本瓦のように塗装を必要としないものもあります。 天然スレート/化粧スレート 耐用年数は20年から30年ほど メンテナンスの頻度は10年程度 軽くて加工しやすく安い 割れやすく防水性が低い 定期的なメンテナンスと塗装が必要 天然スレートとは粘板岩を薄い板状に加工したものです。一方で化粧スレートは繊維素材にセメントを混ぜて薄い板状に加工したものを指します。天然スレートはとても高価で珍しく、春日部市にかぎらず国内で普及しているのは化粧スレートの方です。 どちらのスレートも日本瓦とくらべるととても軽いため、耐震性に優れています。更に加工がしやすく価格も安いため、春日部市でも多くの業者で取り扱っているでしょう。 一方でスレートのデメリットとしてあげられるのは、耐久性が低く割れやすい点と防水性が低く苔やカビが発生しやすい点があげられます。そのため定期的な部分交換や塗装によるメンテナンスが不可欠です。 ガルバリウム鋼板 耐用年数は30年から50年ほど メンテナンスの頻度は20年~30年程度 軽くて耐久性が高く、防水性も優れる 初期費用が若干高い 衝撃に弱い ガルバリウム鋼板は金属系屋根材の一種で、鋼板にアルミニウム・亜鉛・シリコンなどでメッキしたものを指します。鋼はサビの弱いというデメリットを持ちますが、ガルバリウム鋼板はサビにくく、あまりメンテナンスを必要としていません。 軽くて丈夫で防水性が高い点がガルバリウム鋼板を屋根材として使う最大のメリットで、耐久性、耐震性にも優れています。更に廃材は金属としてリサイクルできるため、処分費用もほとんどかかりません。 ガルバリウム鋼板のデメリットは若干高価であることです。ただ耐用年数が長いことを考えるとむしろコストパフォーマンス面で優れている屋根材と言えるでしょう。 外部からの衝撃に弱い点もデメリットと言えますが、厚めのガルバリウム鋼板にすればへこみにくくなります。 ▼合わせて読みたい▼ 瓦の10分の1の重さ!?地震対策にスーパーガルテクトが優れている理由とは? トタン 耐用年数は10年から20年ほど メンテナンスの頻度は10年程度 軽くて耐震性に優れる 初期費用が安い 断熱性が低く、サビに弱い 雨音が響きやすい トタンは金属系屋根材の中でも特に安く、施工も簡単なので初期費用を抑えられます。軽くて耐震性も優れており、つなぎ目が少ないため劣化していなければ雨漏りにも強い屋根材です。 デメリットとしては断熱性が低く真夏の太陽熱を室内に通してしまう点と、サビに弱い点、雨音が響きやすい点や耐用年数が短い点などがあげられます。特にサビを放置すると穴が空いて雨漏りに発展しかねないため定期的な塗装によるメンテナンスが必要です。 日本瓦 耐用年数は50年から100年ほど メンテナンスの頻度は20年~30年程度 耐久性に優れており、耐用年数がとても長い 断熱性や遮音性に優れる 重いため耐震性が低い 地震や強風の影響で外れやすい 日本瓦は基本的に塗装を必要とせず、断熱性、遮音性に優れた屋根材として知られています。高機能でしっかりとメンテナンスしていれば100年持っても不思議ではないほど耐久性も優れていますが、とても重いために耐震性が低く、地震や強風によって瓦がズレたり落ちたりすることがあるため注意が必要です。 施工には専門的な技術が必要で、日本瓦自体も高価であるため、初期費用だけでなくメンテナンス費用も高価になりがちな点は大きなデメリットと言えるでしょう。日本家屋らしいデザインには最適な屋根材ですが、扱いが難しい屋根材でもあります。 セメント系瓦 耐用年数は30年から40年ほど メンテナンスの頻度は10年程度 耐久性に優れており、断熱性や遮音性に優れる 重いため耐震性が低い 割れやすく、定期的な塗装が必要 セメント瓦はその名前の通り、セメントを材料とした瓦で日本瓦よりも安く、1980年から1990年ごろに広く普及しました。耐久性や耐火性に優れている反面、割れやすく、日本瓦と違って塗装によるメンテナンスを必要する点がデメリットです。 現在は製造されていませんが、耐用年数の関係でちょうど交換時期を迎えている戸建てが多く、春日部市でもセメント瓦から別の屋根材に変更するケースが増えています。 防水シートや野地板も劣化する 屋根材の下にある防水シートや野地板も劣化するため注意してください。どちらも耐用年数は20年から30年ほどとなっています。屋根材の下にあるため、防水シートや野地板だけを交換することはあまりなく、基本的には屋根材と一緒に新しいものに変えるのが一般的です。 天災などで急激に劣化することもある 屋根材にはそれぞれ耐用年数がありますが、地震や台風による飛来物、強風などによって破損したり細かな障害が原因で急激に劣化したりすることもあるでしょう。 天災のダメージが気になる場合は、大きな地震や台風が過ぎ去ったあとは、業者に点検をしてもらうと安心です。破損や劣化は発見が早いほど費用もかかりません。 ▼合わせて読みたい▼ 春日部市で雨漏りに慌てないために定期的な雨漏りの無料診断をしよう 春日部市で代表的な屋根修理の方法 春日部市で代表的な屋根修理の方法を3つ紹介します。 部分修理&塗装 屋根材自体があまり痛んでいない場合や補修で済む場合は、部分的に修理したあと塗装するのが一般的です。葺き替えやカバー工法とくらべると安く、塗装によって新築のような見た目を取り戻せます。 屋根を補修する場合足場を設置しますが、足場設置は合計費用の2割ほどかかる大がかりな工事です。この足場は外壁塗装にも流用できます。 屋根だけ新築のように綺麗になると、外壁の汚れや劣化が目立って気になるという方も多いため、春日部市の多くの戸建てでは屋根塗装と外壁塗装を同時に行う傾向があります。 葺き替え 葺き替えは、屋根材が劣化していて交換が必要な時に選ばれる手段の1つです。屋根材が著しく損傷している場合、瓦屋根の場合はカバー工法では対応できないため、葺き替えしかありません。 屋根を完全に新しいものに交換するため、他の屋根材に交換する方も珍しくありません。昨今は屋根の耐震性が注目されている関係で、耐震性と耐久性に優れたガルバリウム鋼板に変える戸建てが増えています。 葺き替えのデメリットは費用が高く、廃材が大量にでる点です。廃材の処理にもお金がかかり、アスベストを含む場合は特に高額になりがちなので覚えておきましょう。 カバー工法 カバー工法は、既存の屋根材の上に新しく防水シートや屋根材をのせる工法です。屋根が2枚重ねになるため、断熱性や遮音性が向上し、葺き替えとくらべると廃材があまりなく費用を抑えられる点が最大のメリットと言えます。 デメリットは屋根材によっては施工できない点、2枚重ねになる分屋根が重くなるため、耐震性が低下する点があげられるでしょう。そのため軽い屋根材を選ぶのが一般的で、1度カバー工法で屋根修理したら2度目はありません。次回は葺き替えになります。 ▼合わせて読みたい▼ スレート屋根をカバー工法で修理するメリットとデメリットを知ろう 屋根のメンテナンスはジャパンテックにお任せください! 今回のお役立ちコラムでは、春日部市での戸建ての屋根塗装や屋根材の劣化について詳しく解説しました。屋根塗装の耐用年数や、使用している屋根材の劣化具合を把握し、適切な時期にメンテナンスを行うことが重要です。特にシリコン塗料やフッ素塗料などの耐用年数を目安にしながら、定期的な点検とメンテナンスを行うことで、屋根の寿命を延ばし、住宅全体の美観と機能を維持できます。 春日部市での屋根修理やメンテナンスについてお悩みの方は、ぜひジャパンテックにご相談ください。私たちの経験豊富なスタッフが、お客様のニーズに合わせた最適な修理方法やメンテナンスプランをご提案いたします。また、助成金や補助金の情報提供や申請サポートも行っておりますので、コストを抑えた修理が可能です。 詳しい情報やご相談は、問い合わせフォームからのお問い合わせ、メール、電話でのご相談、またはショールームへの来店をお待ちしております。ジャパンテックと一緒に、大切な住まいの屋根をしっかりと守りましょう。お得な情報を逃さず、ぜひ今すぐご連絡ください! ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力 ジャパンテックの施工事例   外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.05.23(Thu)

詳しくはこちら

費用について塗装業者の選び方修理業者の選び方屋根リフォーム屋根工事外壁塗装春日部市雨漏り補修

【春日部市】屋根修理に使える助成金や補助金はある?

【春日部市】屋根修理に使える助成金や補助金はある?

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 春日部市にお住まいの皆さん、屋根修理にかかる費用を少しでも抑えたいと思ったことはありませんか? 特に経年劣化や天災などで屋根の修理が必要になると、そのコストは家計に大きな負担となります。春日部市には、住民が住宅の修理やリフォームを行う際に利用できる助成金や補助金制度が存在します。今回のお役立ちコラムでは、春日部市で利用できる屋根修理に関する助成金や補助金の情報を詳しく紹介します。 春日部市の住宅リフォーム助成制度は、住環境の整備と定住促進を目的としており、一定の条件を満たすことで、工事費用の一部を助成してもらうことができます。例えば、市内の業者に依頼することで、助成対象経費の10%(最大10万円)の助成が受けられるため、地元の業者を利用することでよりお得に修理を行うことが可能です。また、国土交通省が実施する子育てエコホーム支援事業も利用することで、省エネ対策と共に屋根修理を行う場合には、さらなる補助を受けられる可能性があります。 助成金や補助金を活用することで、屋根修理のコストを抑えることができるだけでなく、安心して修理を進めることができます。これらの制度の詳細や申請方法について、次章で具体的に解説しますので、ぜひ最後までお読みいただき、春日部市での屋根修理に役立ててください。 ▼合わせて読みたい▼ 春日部市で外壁塗装を計画中?知っておきたい費用相場とお得な選び方 春日部市で使える助成金や補助金 まずは2024年4月時点で春日部市が公表している助成金や補助金を紹介します。 春日部市・住宅リフォーム助成制度(令和6年度)について 春日部市の住宅リフォーム助成制度(令和6年度)は、住環境の整備および定住の促進を目的としていて、令和6年5月1日(水曜日)から令和7年1月31日(金曜日)の間、申請を受け付ける予定でした。しかし希望者がとても多く、令和6年5月7日には新規受付を終了してしまいました。 春日部市・住宅リフォーム助成制度の内容 住宅リフォーム助成制度の助成金額は以下の通りでした。 市内事業者が工事を行う場合、助成対象経費の10パーセントを助成(最大10万円) 市外事業者が工事を行う場合、助成対象経費の5パーセントを助成(最大10万円) 春日部市内の業者を使うか使わないかで助成対象の比率が変わるため、春日部に密着した業者に依頼した方がお得な制度です。そのため、春日部市内の業者であれば大抵は住宅リフォーム助成制度に精通しており、申請のサポートをしてくれるところがほとんどです。 春日部市・住宅リフォーム助成制度の条件 春日部市・住宅リフォーム助成制度の対象者、ならびに対象工事は以下の通りでした。 対象工事 ・住宅の内外装工事(外装工事は、市内施工業者が行った場合のみ対象) ・住宅の増築または間取りの変更にかかる工事 ・浴室やトイレなど、水回りの改修工事 ・その他市長が適当と認める工事 対象者・春日部市の住民基本台帳に記録されている者 ・工事を行う住宅の所有者で、当該住宅に現に住居しており、今後も住居する意思がある者 ・市区町村民税、軽自動車、固定資産税および国民健康保険税を滞納していない者 ・暴力団または暴力団員その他反社会的勢力との関係が無い者 対象工事の1つに「住宅の内外装工事(外装工事は、市内施工業者が行った場合のみ対象)」とあります。そのため春日部市内の業者に依頼すれば、外装工事として屋根修理が対象になる可能性が高い制度です。 春日部市・住宅リフォーム助成制度は令和7年もある? 令和6年度の住宅リフォーム助成制度は5月の募集受付から1週間ほどで予算に達し、申請受付を終了してしまいました。ただ、前年の令和5年にも同様の制度が令和5年11月1日から令和6年1月31日まで申請受付していました。 前年の約半年後に新しく受付開始したことになるため、令和6年の後半か令和7年度の前半には、令和7年度の住宅リフォーム助成制度について申請受付をしてもおかしくありません。 春日部市は、「次回(来年度以降等)の募集については、詳細が決まり次第ホームページや広報誌でお知らせいたします。」と発表しているため、少なくとも次回があることは間違いなさそうです。 子育てエコホーム支援事業(国土交通省) 子育てエコホーム支援事業は、春日部市ではなく国土交通省が行っている事業です。内容は「温暖化対策の一環として、省エネになる住宅の購入やリフォームをサポートする。」「補助金額の上限は30万円」となっています。 「温暖化対策やエコと屋根塗装は関係あるの?」と思うかも知れませんが、屋根に高機能な断熱材を入れたり、屋根材を遮熱塗料で塗たりすれば空調設備の負担が減るため、エコといえます。 子育てエコホーム支援事業の対象条件は、子育て世帯(18歳未満の子供がいる)か、若者夫婦世帯(夫婦のうちどちらかが39歳以下)であることです。 子育てエコホーム支援事業は、対象となる建材や工事の基準が細かく決まっているため、上記の条件に該当するのであれば契約する前に業者に相談しましょう。(子育てエコホーム支援事業への申請自体、業者の協力が必要です) 助成金や補助金以外で屋根修理を安くする方法 春日部市の助成金や補助金を使わなくても、屋根修理を安くする方法はいくつかあります。すべて併用できるため、適用できるものはなるべく利用してお得に屋根修理しましょう。 天災や事故が原因なら、火災保険を使える可能性あり 経年劣化や自己都合ではなく、天災や事故が原因で屋根修理をする必要があるなら、火災保険を使える可能性があります。火災保険の適用範囲は、火災だけではありません。火災保険を適用できるかは、加入している火災保険の保証内容と、原因が合致するかで決まります。 種類 内容 標準火災保険 最も基本的な火災保険火災・落雷・爆発・破裂による被害が補償対象 広範囲火災保険 標準火災保険よりも適用条件が広い風水害や盗難に対する補償なが含まれる 特定条件付き火災保険 特定の条件を指定して保証を受けられる 全リスク火災保険 あらゆる状況に対して保証を受けられる 付帯火災保険 他の保険に追加する形で、火災保険を追加する 個人賠償責任火災保険 火災で他人に被害を与えてしまった場合の法的責任を保証する 春日部市で最も加入者が多いであろう標準火災保険は、火災・落雷・爆発・破裂が保証内容となっている場合がほとんどです。 火災 火災は料理中にボヤが発生して、室内や屋根の一部、外壁の一部が損傷した場合などにも使えます。半焼や全焼でなくても対象となることを覚えておきましょう。 落雷 雷が住まいの屋根に落ちたのならば、すぐに業者に点検してもらいましょう。落雷によって屋根の一部が損傷している場合、対象となる可能性が高くなります。 爆発・破裂 ガス漏れなどで爆発を起こして住まいが損傷した場合、火災保険を利用できるでしょう。 台風や強風の影響で屋根補修が必要な場合は? 広範囲火災保険や全リスク火災保険か、特定条件付き火災保険などで台風や強風を対象としている場合は保険と対象となる可能性が高くなります。 地震の影響で屋根補修が必要な場合は? 地震の影響である場合、広範囲火災保険での対応は難しく、全リスク火災保険か特定条件付き火災保険で地震を対象としている、もしくは地震のみの保険などに加入している場合に対象となります。 火災保険を使う上で知っておきたいこと 火災保険は通常、被害発生から3年以内でないと保証してくれません。なるべく早く申請しましょう。 また、火災保険の補償額は見積りの金額がおりるわけではありません。保険会社が派遣する損害鑑定人が補償額を決めるため、実際にかかった費用よりも下回る可能性があります。 もう1つ知っておきたいのは、火災保険の免責金額についてです。火災保険の多くは免責金額(契約者が自己負担する金額)が定められているため、覚えておきましょう。 免責金額にはエクセス方式とフランチャイズ方式があり、エクセス式は損害金から免責金額を引いた額が受け取れる保険金となります。たとえば損害額が50万円で免責額が5万円なのであれば、「損害額50万円-免責金額5万円=保険金45万円」です。 一方でフランチャイズ式は、損害額が設定されている金額未満なら、全額が自己負担となります。損害額が免責金額以上なら、全額が保険金として支払われる形です。 自社施工の会社に直接依頼する 春日部市のハウスメーカーやホームセンターのリフォーム窓口などで、屋根修理を依頼した場合、施工する業者は別となり、仲介手数料が発生する場合も多くあります。一方で春日部市に密着していて自社施工している業者に直接依頼すれば、仲介手数料は発生しません。 仲介手数料の額については、見積書ではわかりにくくなっている場合も多いため、できれば自社施工の会社に直接依頼しましょう。 複数の業者に見積りを出し、適正価格を知る 屋根修理の費用は、同じ春日部市内の住まいであったとしても屋根の面積や形、劣化の状況によって大きく違うため、見積りをせずに適正価格を判断するのは難しいでしょう。 複数の業者に依頼を出せば、おのずと適正金額がわかるため、少なくても2社~3社以上に見積り依頼することをオススメします。 ちなみにA社が30万円、B社が32万円、C社が28万円だとしてC社が最も得するとは限りません。すべての会社で同じ塗料を使い、同じ工程で作業するならC社が最も安いといえるでしょうが、A社やB社がC社よりもグレードの高い塗料を使う可能性もあります。 ですので見積りを出して金額に差を感じたなら、何故安いのか、何故高いのかを確認しましょう。 外壁塗装と屋根修理をまとめて依頼する 屋根修理を行う場合、大抵は足場を設置します。足場は外壁塗装においても併用できるため、屋根修理と外壁塗装をまとめて依頼すれば、足場代が1回分浮くためお得です。 足場代は建物の規模によって大きく変わりますが、春日部市の足場代における相場は15万円から20万円ほどであるため、かなり節約できるでしょう。 ▼合わせて読みたい▼ スレート屋根をカバー工法で修理するメリットとデメリットを知ろう ジャパンテックで春日部市の屋根修理をお得に! 今回のお役立ちコラムでは、春日部市で屋根修理をお得にするための助成金や補助金、火災保険の活用方法、そしてその他の節約方法について詳しく解説しました。 春日部市の住宅リフォーム助成制度や国土交通省の子育てエコホーム支援事業を活用すれば、屋根修理の費用を大幅に削減できます。また、火災保険の利用や、自社施工の業者に直接依頼すること、複数の業者に見積もりを依頼すること、外壁塗装と屋根修理をまとめて行うことなども、コストを抑える有効な手段です。 お得に屋根修理をしたい方は、まずはジャパンテックにご相談ください。経験豊富なスタッフが、あなたに最適な助成金や補助金の情報提供、申請サポート、火災保険の活用方法について丁寧にご案内します。 詳しい情報やご相談は、問い合わせフォームからのお問い合わせ、メール、電話でのご相談、またはショールームへの来店をお待ちしております。ジャパンテックと一緒に、安心・安全な屋根修理を実現しましょう! ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力 ジャパンテックの施工事例   外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.05.23(Thu)

詳しくはこちら

塗装工事の費用費用について補助金・助成金情報外壁塗装屋根塗装春日部市

春日部市で雨漏りに慌てないために定期的な雨漏りの無料診断をしよう

春日部市で雨漏りに慌てないために定期的な雨漏りの無料診断をしよう

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 長く住んでいる建物は、どんなところでトラブルが発生しているかがわかりません。普段住んでいるからこそ、目が行き届かない場所というものは必ずあります。そこで発生しているトラブルが、いずれ建物全体の問題となる可能性があるので、定期的な雨漏り診断を受けることをおすすめします。 雨漏りは無料で診断することができるので、気軽にご相談ください。 今回のお役立ちコラムでは「雨漏り診断の重要性」についてご紹介したいと思います。 雨漏りの無料診断とは 雨漏りの無料診断とは、オーナー様の雨漏りに対する注意喚起を促進するとともに、建物の劣化状況を把握して、適切なメンテナンス時期にトラブルを解消することを目的としたサービスになります。 雨漏りを無料診断することで、後々に回しがちな建物の劣化を食い止めることができます。定期的に無料診断を受ける習慣がつくと、大きなトラブルになる前に建物の劣化を対処できるようになり、低コストで建物の修繕ができるのです。 雨漏り鑑定士の信頼性 雨漏りには専門的な知識が必要です。その専門知識を持っている証明として、雨漏り鑑定士という資格が存在しています。 雨漏り鑑定士の合格率は70%以上と非常に高く、受験者のほとんどが合格しているので信頼性が低いと考えられがちですが、実は受験者のほとんどが「建築け」の人間ということもあり、他の資格取得と勉強内容が絡んでいるのでここまで合格率が高くなっています。 例えば、宅地建物取引士(宅建士)の資格は、住宅の細部まで知っていなければなりません。この宅地建物取引士の勉強と雨漏り鑑定士の勉強は、同じような内容になる部分も多く、すでに別の資格を取得している場合は、基礎知識を持った状態で雨漏りにも特化した資格を取得できるということになります。 30%の不合格者の多くは、建築系とは関係ない資格ゲッターの方々がほとんどなので、建築系の基礎知識がない方には非常に難しい資格だということがわかるでしょう。 つまり、雨漏り鑑定士を取得しているということは、雨漏りのメカニズムを熟知した信頼できる有資格者であるということです。 外装劣化診断士の存在 雨漏りは屋根ばかりが原因とは限りません。外壁から染み込んだ雨が、雨漏りとして表面化することも少なくないのです。そんな時、外装劣化診断士という資格を取得している職人がいると、今発生している雨漏りに対する外壁由来の可能性や、今後どんなトラブルが発生するかを把握しやすくなります。 一般的に、外壁塗装を施す際には「外壁の劣化状況」を的確に判断し、必要な下処理を施しながら準備を進めなければなりません。外壁劣化診断士は、適切な下準備を行うためにも重要な資格になります。 また、雨漏り診断の際も、外壁がどれだけ劣化していて、雨漏りの発生箇所となりうる状態であるという判断をするために役立っています。 住宅の雨漏りは「外壁」からが意外と多い 住宅に発生する雨漏りの多くは、屋根由来の雨漏りです。しかし、外壁由来の雨漏りも比較的多く、屋根周りばかりをみていても原因特定できないというケースは少なくないのです。 適切な雨漏り診断をするには、屋根と外壁、またはその他の部分にある原因特定を的確に行う必要があります。雨漏りの無料診断では、屋根や外壁に対する知識が豊富なスタッフによる的確な診断を行っているのです。 外壁からの雨漏りのおすすめ対処方法 外壁からの雨漏りが発生している場合の対処方法についてご紹介しましょう。ドオのような工事が必要かを知っていれば、無駄な工事を依頼する必要がなくなります。シーリングのうち変えで対処できるところを、外壁塗装までセットにしなければならないなどと、不要な工事を抱き合わせで押し売りする業者も少なくありません。 最低限必要な工事を知り、他に追加された工事は「なぜ付帯しているか」を確認するようにしましょう。 サッシ周辺の雨漏りはシーリング打ち替え サッシ周辺は、外壁からの雨漏り原因として非常に多い場所になります。サッシの固定ビスがサビてしまったり、サッシ周辺のシーリングが劣化してしまったりということが原因で、外壁内部に雨が流れ込んでしまうのです。 その結果、内壁のクロスが剥がれてしまったり、雨染みができてしまったりというトラブルが発生するのです。内側に障子を設置しているような場合は、木枠が雨染みで腐ってしまうということもあります。必ず対処しておきましょう。 サッシ周辺からの雨漏りには、シーリングを打ち替えることが有効的です。増し打ちで対処するという場合もありますが、部分的に劣化しているということは、全体も近い将来に劣化し始めることが予想できるので、予算的に問題がなければ打ち替えてしまうことをおすすめします。 もし増し打ちで対処する場合は、次に劣化現象を確認した際には打ち替えるようにしましょう。 サイディング目地からの雨漏りは外壁塗装一式 サイディングの目地埋めに亀裂等の劣化が確認でき、そこから雨漏りが発生しているという場合は、シーリングの打ち替えだけで対処はできます。しかし、目地のシーリングが劣化している場合、表面の外壁塗装も劣化していると考えられます。 特に、チョーキング現象が発生しているようであれば、同時に外壁塗装もしておくことをおすすめします。外壁の劣化を放置すれば、最終的に外壁材の全量入れ替えが必要になってしまうのです。 外壁塗装を施すことで、サイディングの劣化を抑えることができます。表面の塗膜が劣化しているだけなら塗装で対処できますが、サイディングそのものが劣化してしまい、ひび割れや破損するような状況になってしまうと、塗装で対処できなくなってしまうのです。 外壁塗装で対処できるうちに補強しておき、シーリングも同時に打ち替えすることをおすすめします。 バルコニーからの雨漏りは防水やり直し バルコニーに水が溜まってしまうような状況だと、防水膜の下に水が回ってしまい雨漏りを発生する可能性があります。基本的に、バルコニーの水はしっかりと排水されるように作られています。それが溜まってしまうということは、排水ラインにトラブルが発生しているか、防水に問題が発生している可能性があるのです。 排水系の問題は、まず排水溝周辺のゴミを取り除いてみましょう。それでも水たまりが発生するような場合は、防水膜が剥がれている可能性があるでしょう。 防水巻き雨が剥がれて浮いてしまうと、排水溝に向かう水を堰き止めてしまいます。そして、防水膜の作り出した空間に水が流れ込んでしまうようになるのです。 こうなった場合、早めに防水膜を張り直す必要があるでしょう。 笠木の劣化はサビ止めとシーリング ベランダやバルコニーの笠木に浮きやサビが確認できるような場合、内部のコンクリートや、下地の木部が腐ってしまうことがあります。このまま放っておくと、雨漏り以上に「バルコニーの脱落」が考えられるので、早急に対処することをおすすめします。 笠木が浮いているだけであれば、しっかりと固定し直してサビ止めをしてシーリングすることで対処できます。しかし、固定が効かないほどに劣化が進んでしまった場合には、より深い部分をチェックするようにしましょう。 基礎コンクリートは早めの対処 基礎コンクリートに発生しているひび割れは、できる限り早く対処しておくことをおすすめします。日常的に基礎コンクリートを眺めるなんてことはほとんどありません。雨漏り診断によって確認されることは非常に多いので、基礎コンクリートにトラブルが発生している場合は確実に対処しましょう。 基礎コンクリートにひび割れが発生すると、その後地盤沈下を起こす可能性が出てきます。建物全体がダメになってしまい、立て直しが必要になってしまうので、基礎コンクリートの問題を指摘された場合は、今以上に被害が広がらないように確実な対処をしてもらってください。 春日部市にお住まいのあなた!雨漏り診断はジャパンテックにご依頼ください! 春日部市にお住まいの方は、定期的に弊社の雨漏り無料診断を受けることをおすすめします。問題が発生していれば早めの対処を、何も問題がなければ次のチェックまで安心して住み続けることができるでしょう。 雨漏り診断はぜひ当社「ジャパンテック」にお任せください。 お問い合わせは、公式ウェブサイトの問い合わせフォーム、メール、またはお電話で受け付けております。さらに、実際に私たちのサービスを体験したい方は、ショールームへの来店も大歓迎です。専門スタッフが一つ一つの疑問に丁寧にお答えし、最適なソリューションをご提案いたします。 あなたからのご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております! ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.04.30(Tue)

詳しくはこちら

地域別情報○○の選び方無料診断春日部市雨漏り補修雨漏り診断

春日部市で外壁塗装を計画中?知っておきたい費用相場とお得な選び方

春日部市で外壁塗装を計画中?知っておきたい費用相場とお得な選び方

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 💬「春日部市で外壁塗装を考えてるけど、費用相場ってどれくらいするんだろう?」 💬「春日部市の外壁塗装は高いのかな?安くできる業者が知りたい!」 春日部市にお住まいのみなさん!外壁の塗装費用の相場をご存じですか?春日部市の一戸建てで外壁塗装をする場合は、80万~200万円ほどの費用相場となっています。 💬「80万円でも結構すると思ったけど、200万円になる可能性もあるの!?」 驚いたかもしれませんね。ですが、費用相場はあくまでも目安です。あなたの住宅の築年数や劣化レベルによっても変わってきます。こういった費用相場が変動する原因も知っておくと、過度に塗装費用の心配をすることもなくなるでしょう。 また、春日部市の気候も外壁塗装の劣化に関係しているため、日頃から意識しておくことも大切です。お得に外壁塗装ができる業者を選びとるためにも、最後まで読んで、役立つ知識を手に入れてくださいね! 春日部市の気候が外壁塗装の状態に影響する原因 春日部市は、1年を通して比較的温和な気候ですが、季節の変わり目には温度差や湿度の変化が見られます。こういった気候の変化は、外壁塗装の劣化に大きな影響を与える要因となることがあります。 春日部市の気候が外壁塗装の状態にどのように影響しているのか、3つの原因を把握しておきましょう。 日照と湿度変化 降水量や湿度 強風の影響 なぜ、気候との関係を把握する必要があるのかというと、外壁の塗装面は常に外の環境にさらされているからです。影響をする気候についてポイントをおさえておけば、塗装面の様子を注意して見ることができます。それが劣化の早期発見につながり、大事に至る前に塗装工事ができるのです。 日照と温度変化 晴れた日は過ごしやすいですが、外壁の塗装にとっては負担になってしまいます。塗装面の劣化の原因の1つとして、割合を占めるのが紫外線からのダメージです。 また、昼と夜の温度差によって塗装面が収縮や膨張を繰り返すことで、ひび割れやはがれを引きおこす原因になります。それだけでなく、外壁材にも負担をかける可能性があります。 降水量や湿度 雨の日や湿度が高い日は、外壁材の中に水分が侵入しやすくなります。これにより、塗装面のはがれやカビの発生を引きおこす可能性があるのです。 雨が降って外壁に水分が付着することで、吸収や乾燥というプロセスが劣化の原因をつくることにもなります。 強風の影響 大型台風などで発生する強風は、物理的に塗膜をはがしてしまう可能性があります。 また、風によって運ばれてくる塩分、砂ぼこりなどが外壁に付着することで、塗膜の劣化を早めることもあります。 ▼合わせて読みたい▼ 花粉&黄砂シーズン到来!花粉症&黄砂対策は人間だけじゃなく外壁にも必要! 【今日からできる】春日部市でお得に外壁塗装をする方法 春日部市でお得に外壁塗装をする方法は5つあります。中には今日からできるものもありますので、塗装費用をお得にするために実践してみてください。 地域密着の業者を選ぶ 見積書を比較する 定期的なメンテナンスをおこなう 補助金化や火災保険を利用する 劣化症状をチェックする 春日部市でお得に外壁塗装をする方法①|地域密着の業者を選ぶ 地域密着の業者は、創業歴があり地元から愛されている業者が多いです。技術力や実績がありながらも、良心的な価格で対応してくれる傾向にあります。大手のハウスメーカーなどと比較してみると実感するでしょう。 また、地域に根付いて外壁塗装をしているため、気候の変化にも敏感です。外壁塗装は屋外での作業になるため、天候の変化は仕上がりに影響します。春日部市の気候を肌で感じてきた地元業者なら、最適な環境とタイミングを選んで、満足のいく塗装を提供してくれるはずです。 ▼合わせて読みたい▼ 越谷市で外壁塗装をするなら地域密着のジャパンテックまで! 春日部市でお得に外壁塗装をする方法②|見積書を比較する 見積書の比較は業者選びには必須事項です。見積書は、費用を確認するためのものではなく、塗装工事の内容や保証などといったサービス全般を把握するツールとしても活かせます。 だからこそ、1社だけでなく複数の業者の見積書を比較することで、最適な内容と価格の業者を見つけだせるのです。 春日部市でお得に外壁塗装をする方法③|定期的なメンテナンスをおこなう 定期的なメンテナンスをおこなうことは、毎度の費用をおさえる最善の方法です。 💬「まだきれいだからいいか」 💬「お金がかかるから次回にまとめてメンテナンスしよう」 外壁塗装のメンテナンス時期を先延ばしにしていると、気づいていないところで劣化が進行しているかもしれません。外壁は大体10年を目安に塗装がすすめられますが、気候条件や住宅環境によってはそれよりも早く塗り替えが必要になることもあります。 メンテナンスにおいて腰が重いと感じているならば、劣化診断や点検だけでもうけてみましょう。診断などを無料でおこなっている業者も多くいます。お金がかかるからという理由で、メンテナンスをスルーしていると、あとから高額な修理費用として自分に返ってくることになりますよ。 外壁のメンテナンスは定期的におこなって、塗装面を万全な状態にしておきましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 塗料とは?ペンキとの違い、外壁塗装に最適な塗料の選び方を解説! 春日部市でお得に外壁塗装をする方法④|補助金や火災保険を利用する 外壁塗装は補助金や火災保険といった制度を利用しておこなうこともできます。ただし、地域によって補助金や助成金がうけとれる条件が異なっていたり、募集をするタイミングが異なっていたりします。 火災保険を利用する場合は、外壁塗装が必要になった原因が自然災害にあてはまるかどうかも重要です。制度を利用したい場合は、正しい知識をもったうえで享受しましょう。 ▼合わせて読みたい▼ 雪害に負けない!火災保険で守るあなたの家 春日部市でお得に外壁塗装をする方法⑤|劣化症状をチェックする 塗装面の劣化症状としてはおもに3つあります。 ✅ひび割れ ✅色あせ ✅白い粉が浮いている(チョーキング) チョーキングは、外壁をさわるとまるでチョークをさわったかのように、白い粉が手に着く現象です。こういった劣化症状を把握しておくと、早期発見につながりますよ。 劣化が初期の段階で見つけられれば、大がかりな工事も必要ありません。よって、必要最低限のメンテナンスが叶うのです。そうなれば、費用相場よりも安く終えられるかもしれません。 同じ色を希望する場合は、劣化している部分だけ塗装することも可能です。劣化症状が見え始めていないか、定期的にチェックしてみましょう! 塗装面の様子を見ることは、今日からでもできますよ!3つの劣化症状のどれかを見つけたら、放置をせずにすぐ業者に連絡しましょう。 春日部市の外壁塗装は「すばやさ」がお得のカギ! 春日部市でお得に外壁塗装がしたいならば「すばやさ」を重視してください。それを叶えるためにも、前項でお話したお得に外壁塗装をおこなう方法を実践してくださいね!地元業者ならば距離が近いのですぐに駆けつけてくれることでしょう。劣化症状に気づいたタイミングで業者に相談すれば、初期段階のメンテナンスで対応できます。待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢で「すばやさ」を大切にしてマイホームを守っていきましょう! 💬「まだそんなに年数経ってないから塗装はあとでいいや」 💬「新築の頃みたいにきれいな状態だからまだ塗装は必要ないと思う」 自己判断はキケンです。近年では、線状降水帯の発生や大型台風など気候の変化が激しくなるタイミングがあります。外壁がうけているダメージは想像以上かもしれません。 外壁塗装はただ色を変えるだけでなく、外壁と住宅自体を守るために必要なものです。美観は保たれていても、塗装の効果が低下した状態では意味がありません。大切なマイホームのために、すばやく行動していきましょう! ▼合わせて読みたい▼ 外壁塗装と屋根塗装|遮熱塗料で環境に合わせよう 春日部市で満足できる外壁塗装をするならジャパンテックへ! 春日部市で外壁塗装をご検討ならば、ジャパンテック株式会社へお声がけください!当社は、埼玉県越谷市、さいたま市、春日部市を中心に地域密着で住宅塗装をおこなっております。 春日部市栄町にショールームも出店しております。塗装についてくわしく知りたい場合や、塗装のイメージを膨らませたい場合にも大歓迎です!「知る、見る、聞く」が叶うジャパンテックのショールームでお待ちしております。 外壁の診断は無料でおこなっており、外装劣化診断士の資格をもった者が責任をもって担当いたします。見積書の作成も無料ですので、業者比較の1社としてぜひお声がけください! ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力     外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.03.19(Tue)

詳しくはこちら

塗装工事の費用費用について補助金・助成金情報外壁塗装屋根塗装春日部市春日部市 屋根塗装春日部市 外壁塗装

春日部市の外壁塗装|補助金・助成金最新情報【2024年3月現在】

春日部市の外壁塗装|補助金・助成金最新情報【2024年3月現在】

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に 外壁塗装、屋根塗装、各種リフォーム工事をおこなっている ジャパンテック株式会社です。 代表取締役の奈良部です! 埼玉県は他の地域に比べ、補助金や助成金が充実しています。そのため、毎年多くの施工依頼事に補助金・助成金を導入したい意向をお寄せいただく機会に恵まれています。そして、2024年もすでに、外壁塗装に使用できる補助金・助成金が発表されているので覚えておきましょう。 今回のお役立ちコラムでは「春日部市で利用できる建築系補助金」について見ていこうと思います。 春日部市の用意している建築系補助金・助成金情報 春日部市では、2024年3月時点で1つの建築系補助金を発表しています。毎年行われている制度や、期限なしの補助金・助成金もあるので、それぞれチェックしましょう。 ただし、結果として「春日部市が2024年3月時点で外壁塗装を対象とできる補助金・助成金制度の発表はされていない」ことを事前にお知らせしておきます。今後新たに発表されるであろう補助金・助成金を待ちましょう。 既存建築物耐震改修等補助制度 春日部市内にある住宅の耐震工事をする際、こちらの補助金制度を活用できます。 工事内容 概要 物件特性 補助内容 耐震診断 耐震構造の状況をチェックします。 戸建て住宅 耐震診断に要した費用の2/3に相当する額 補助限度額:1棟につき5万円まで 分譲マンション 耐震診断に要した費用の2/3に相当する額または5万円×戸数のいずれか低い額 補助限度額:1棟につき100万円まで 耐震改修工事 実際に耐震工事をする場合に適用されます。 戸建て住宅 耐震補強に要する費用の23%に相当する額 補助限度額:1棟につき40万円まで 分譲マンション 耐震補強に要する費用の23%に相当する額 補助限度額:1棟につき200万円まで   残念ながら、この補助金制度は外壁塗装には使えません。補助率・限度額も設定されているため、この補助金を活用して外壁工事の費用を残すということも厳しいでしょう。 詳細はこちらの「既存建築物耐震改修等補助制度」の概要をご覧ください。 ふれあい家族住宅購入奨励事業 こちらの補助は、直接工事に活用できる補助ではなく、工事で発生した登記費用の1/2、最大30万円を商品券でキャッシュバックするという制度になります。司法書士に支払った金額が半額戻るということで、手続きの簡略化がしやすくなります。 当然、こちらも外壁塗装の工事費用にはなりません。詳しくはこちらの「ふれあい家族住宅購入奨励事業」をご覧ください。 介護保険を利用した「住宅改修費」 リフォームに介護保険を活用するという方法も用意されているので、要介護者がいる場合にはチェックしておきましょう。この制度では、介護に必要なリフォームが必要となった場合に、その改修費の70〜90%補助するという内容になっています。上限額は20万円となっています。 この制度の重要ポイントは「1人あたり生涯20万円まで」という括りです。また、介護区分が重篤化した場合、さらに20万円までを補助するという部分になります。 つまり、要介護者が2人いれば「倍の補助」を受けられるというところがポイントになるのです。同様の補助金制度の場合「1世帯」に対して補助を行うことが多いため、予算の都合上改修できない部分が残ってしまいます。 しかし、こちらは要介護者の人数で換算されるので、リフォームがしやすい点を覚えておいてください。より詳しい情報は「介護保険における住宅改修」をご覧ください。 重度障害者居宅改善整備費補助 重度身体障害者の生活の利便性に対して、補助金が用意されています。もし生活のしづらさを感じている場合は、ぜひご利用ください。これは建物だけではなく、屋外で感じる使いづらさがあれば申請できるので、敷地内の問題全てに適用できます。 補助限度額はかかった費用の2/3まで、通常上限が24万円、生活保護世帯の場合36万円まで引き上げられます。より詳しい情報はこちらの「重度身体障害者居宅改善整備費補助」をご覧ください。 埼玉県の建築系補助金・助成金情報 春日部市では、まだ外壁塗装を対象にできる補助金・助成金制度がありませんでしたが、埼玉県が発表している補助金制度には外壁塗装を対象にできるものがあります。こちらをご紹介しましょう。 埼玉県民間事業者CO₂排出削減設備導入補助金 埼玉県内の民間業者とは、県内で1年以上事業を行なっている法人及び個人事業主を指します。その事業所となっている場所のカーボンニュートラルかを図るための設備導入が補助対象です。この制度の概要にも、外壁塗装にも対応している胸が明確に記されています。 外壁塗装の場合、遮熱塗料を使用することで冷房の使用頻度や温度設定を控えることにつながります。これがCO2削減になるわけです。 本来であれば、毎月の予算で区切られるはずでしたが、2024年1月分の予算が残っている状況です。予算額は15億円を予定していますが、3月18日現在の達成金額は7億1,347万円ということで、半分以上の予算が未着手となっています。 そのため、現在は非常に審査を通しやすい状況だということを併せてご紹介させていただきます。ただし、予算が満了した場合には、予定期日よりも早い段階で受付を打ち切られるため、ご利用いただくには早めの対応が必要です。 こちらの制度の詳細は「埼玉県民間事業者CO₂排出削減設備導入補助金」からご確認ください。 補助金・助成金の申請にも強い経営革新等支援機関の存在 補助金・助成金を柔軟に活用できる状況であるにも関わらず、申請しても審査落ちしてしまうというケースが非常に多いのも、埼玉県内に残っている大きな問題です。その問題を解決してくれる存在をご存知ですか? 公的申請に強い「経営革新等支援機関」という、行政対応が得意な機関があるのです。 経営革新等支援機関とは 早い話が、中小企業診断士や商工会議所といった「事業者の問題を解決するプロフェッショナル」のことです。他にも以下のような職業が挙げられます。 ・税理士 ・公認会計士 ・金融機関等 しかし、これらの職についている全ての事業体が、経営革新等支援機関であるというわけではありません。上記に挙げた職業に共通するのは以下のような内容であり、認定支援機関になるための要件にもなります。 税務、金融及び企業の財務に関する専門的な知識を有していること 中小企業・小規模事業者に対する支援に関し、法定業務に係る1年以上の実務経験を含む3年以上の実務経験を有していること おこなおうとする法定業務を長期間にわたり継続的に実施するために必要な組織体制や事業基盤を有していること (引用:経営革新等支援機関推進協議会 認定支援機関となるための要件) これらを満たした上で、支援機関推進協議会に所属し、主務大臣からの認定を受けなければならないのです。 この経営革新等支援機関を利用するメリットは「補助金・助成金の申請を優先採択させることができる」というものです。つまり、経営革新等支援機関に所属している事業体が申請に携わってさえいれば、補助金や助成金の手続きが大幅に楽になるということになります。 春日部市の経営革新等支援機関一覧 春日部市で補助金・助成金を簡単に採択してもらうためには、こちらでご紹介する経営革新等支援機関に仲介してもらうことをおすすめします。確実に補助金を受け取れるようにする一つの方法として覚えておいてください。 認定者 埼玉県中小企業団体中央会 機関名 電話番号 048-872-6570 種別 中小企業団体中央会 所在地 春日部市南1-1-7 東部地域振興ふれあい拠点施設5F 相談内容 創業支援、事業計画作成支援、その他 (引用:e経営支援.net 春日部市) 認定者 出来 太 機関名 出来太税理士事務所 電話番号 048-812-5203 種別 税理士 所在地 春日部市粕壁東6丁目13番7号 相談内容 創業支援、事業計画策定支援 (引用:e経営支援.net 春日部市) 認定者 埼玉県商工会連合会(庄和) 機関名 電話番号 048-746-0611 種別 商工会 所在地 埼玉県春日部市西金野井256 相談内容 創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、生産管理・品質管理、情報化戦略、知財戦略、販路開拓・マーケティング、マッチング、産学官等連携、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP作成支援、物流戦略 (引用:中小企業庁 認定経営革新等支援機関検索システム) 認定者 春日部商工会議所 機関名 電話番号 048-763-1122 種別 商工会議所 所在地 埼玉県春日部市粕壁東2-2-29 相談内容 創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、事業再生、情報化戦略、販路開拓・マーケティング、人事・労務、金融・財務 (引用:中小企業庁 認定経営革新等支援機関検索システム) 認定者 森本 恒平 機関名 あゆみコンサルティング 電話番号 080-4010-5242 種別 中小企業診断士 所在地 埼玉県春日部市牛島764番地1 相談内容 創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、事業再生、生産管理・品質管理、情報化戦略、知財戦略、販路開拓・マーケティング、産学官等連携、人材育成、人事・労務、BCP作成支援、物流戦略、金融・財務 (引用:中小企業庁 認定経営革新等支援機関検索システム) 認定者 深澤 篤志 機関名 ほっとコンサルティング 電話番号 090-9805-6324 種別 中小企業診断士 所在地 埼玉県春日部市本田町2-125-3 相談内容 創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、事業再生、生産管理・品質管理、情報化戦略、知財戦略、販路開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、物流戦略、金融・財務 (引用:中小企業庁 認定経営革新等支援機関検索システム) 他にも多くの認定経営革新等支援機関の登録があるので、こちらの「中小企業庁 認定経営革新等支援機関検索システム」からご確認ください。 オトクな外壁塗装ならジャパンテックにご相談ください! 春日部市では、2024年3月時点で外壁塗装に活用できる補助金・助成金は用意されていませんでした。今後の発表に期待しましょう。ただし、埼玉県の方で用意している補助金制度に、本年度予算が半分以上残っている「埼玉県民間事業者CO₂排出削減設備導入補助金」があるので、こちらを活用することをおすすめします。 確実に補助金を活用するために、経営革新等支援機関のご利用も検討してみてください。 ただし!補助金や助成金は申請すれば必ずもらえるものではありません。条件や審査にクリアしなければGETできないお金です。そのような場合は塗装業者のキャンペーンや金利が低く、ポイント還元率が高いリフォームローンなどを活用することで、確実にオトクな外壁塗装工事が叶うでしょう。 ジャパンテック株式会社では、定期的に外壁塗装・屋根塗装のキャンペーンを実施しています。キャンペーン時期を狙ってご相談いただいてもかまいません。ぜひ当社のホームページをお気に入りに入れていただき、定期的にチェックしていただけると幸いです。 外装劣化診断、雨漏り診断、お見積は無料で行っております。ぜひお問い合わせください! ▼合わせて読みたい▼ 越谷市で外壁塗装をするなら地域密着のジャパンテックまで! 予算に合わせた塗料やコストパフォーマンスの良い塗料も提案させていただきますので、まずはジャパンテックにご相談ください。 ▼合わせて読みたい▼ アステックペイント施工で差をつけるジャパンテック:全国表彰施工実績3位の実力   外壁塗装・屋根塗装リフォーム専門店 ジャパンテック株式会社 プロタイムズ越谷店・春日部店の 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 さいたま市 春日部市の 外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談は プロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店へ!!

2024.03.18(Mon)

詳しくはこちら

塗装工事の費用費用について補助金・助成金情報外壁塗装屋根塗装春日部市春日部市 屋根塗装春日部市 外壁塗装

地震対策×省エネ×高耐久のスーパーガルテクト屋根はジャパンテックにご用命ください!

瓦の10分の1の重さ!?地震対策にスーパーガルテクトが優れている理由とは?

画像引用元:アイジー工業株式会社ホームページ|屋根のリフォームならスーパーガルテクト 春日部市、越谷市、さいたま市を中心に外壁塗装工事・屋根塗装工事、リフォーム工事を 専門にしている ジャパンテック株式会社です! 代表取締役の奈良部です! 記憶に新しい2024年1月1日に発生した能登半島地震。この地震でお亡くなりになった方の約半数が「家屋の倒壊」によって命を落とされました。 家屋倒壊の最大の原因は「屋根の重さ」です。石川県の場合、能登半島で生産されている「能登瓦」と小松市で生産されている「小松瓦」が有名ですね。この「瓦」ですが、生産地によって異なる場合があるものの、1㎡あたり「約50kg」もあることはご存じでしょうか? 日本の平均的な大きさ(2階建て)の住宅の場合、屋根の面積は80㎡~120㎡程度になります。1㎡あたり50kgとすると、屋根の総重量は「80㎡~120㎡×50kg=4,000kg~6,000kg」という計算になりますね。 つまり、日本の戸建住宅で瓦を使っている場合、常に「4トン~6トン」の重りが被さっていることと同じ意味なのです。地震で家屋が倒壊した場合、この「4トン~6トン」の屋根を撤去して、中にいる人を助け出す難しさはニュースでも報道されている通りです。 バランスを崩してしまうと、さらに住宅の倒壊が起こり、完全に助け出せなくなってしまいます。この「4トン~6トン」の重さが家屋内に残っている方の命を奪ってしまうのです。 もしこの4トン~6トンの屋根の重さが10分の1になればどうでしょうか?もし家屋内に残っていたとしても、救助される可能性は瓦屋根に比べて格段にアップしますし、そもそも家屋の倒壊自体が起こらない可能性も高まります。 かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回のブログでは、瓦屋根に替わる日本家屋に最適な屋根材「スーパーガルテクト」について、お話ししていきたいと思います。これから屋根の葺き替え工事を検討しているあなた!地震でマイホームの倒壊が心配なあなた!ぜひ最後までお読みください! 地震大国日本にジャストマッチ!スーパーガルテクトの特徴 画像引用元:アイジー工業株式会社ホームページ|屋根のリフォームならスーパーガルテクト スーパーガルテクトの特徴を一言で言い表すならば「軽い!強い!コスパ良し!」といったところでしょうか。 とくに注目すべきは「軽い!強い!」の部分ですね。この章では、地震大国である日本にジャストマッチしているスーパーガルテクト最大の特徴「軽い!強い」にフォーカスをあてて、お話ししていきたいと思います。 瓦との比較:軽さと耐久性で圧倒的差 冒頭でも少し触れましたが、スーパーガルテクトは瓦と比較した場合、1㎡あたりの重量が約10分の1。5kg/㎡という超軽量な屋根材です。屋根面積が80㎡の場合、5×80=400kgになります。 日本瓦の場合は1㎡あたりの重量が約50kg、同じ80㎡で計算すると4,000kg、4トンの重さになるわけです。4トンVS400kg。あきらかにスーパーガルテクトの方が軽い屋根材であることがわかります。 軽いと耐久性(強さ)が弱いのでは?と思われるかも知れませんが、実際に風速65m/分の風を当てた実験では、強風をものともしない結果になりました。 軽さと耐久性、相反する性質を見事に実現した屋根材。それが「スーパーガルテクト」なのです! 工事時間の短縮と施工の容易さ 軽くて強いスーパーガルテクトはその性質から、工事時間の短縮と施工の容易さもメリットです。施工側の立場からすると、瓦屋根はかなりタイムパフォーマンスが悪い屋根材と言えます。 瓦は基本的に瓦を1 枚1枚貼り付ける必要があります。工業用の漆喰や釘を使って、1 枚1枚、屋根の下地材に固定しなければならないのです。しかも地震などの振動によってズレることも多く、せっかく綺麗に施工したのに、たった一度の地震で再度施工しなおす、ということも少なくありません。スーパーガルテクトの場合、性質は「金属屋根」と同じであるため、一度の施工でがっちりと屋根下地材と結合してくれます。 さらに施工の容易さという点で、スーパーガルテクトはかなり優秀です。屋根工事では現場で屋根材を加工する場合もあります。屋根の出隅部分や2階の立ち上がり部分(屋根と2階の外壁がぶつかる部分)で瓦がはみ出した場合、現場で瓦を削って対応するしかありません。 瓦は重量があるわりに繊細な構造をしています。そのため、加工時の微振動で瓦全体にひびがはいることもあるのです。たった1枚の瓦を加工するために2枚、3枚の瓦をダメにすることもあります。 それを考えると加工が容易なスーパーガルテクトは、かなりタイムパフォーマンスが良い屋根材と言えるでしょう。 スーパーガルテクトの地震対策効果とは? スーパーガルテクトの「軽くて強い」性質は地震大国日本において、人命救助に大いに貢献してくれるものです。この章では、スーパーガルテクトの地震対策効果についてお話ししていきたいと思います。 家屋の倒壊リスクを減らす!軽量化のメリット 阪神・淡路大震災や東日本大震災、そして2024年の能登半島地震。残念なことですが、どの震災でも必ず死者が発生しています。内閣府が阪神・淡路大震災について、あるデータを公開していました。 02.死者のほとんどは圧迫死による即死状態だったが、一部には火災等、他の原因による死者も報告されている。 01) 震災による死亡者の9割以上は死亡推定時刻が当日6時までとなっており、ほとんどが即死状態だったとされている。 02) 死因のほとんどは、家屋の倒壊や家具などの転倒による圧迫死だった。 引用元:内閣府ホームページ|防災情報のページ 震災で亡くなった人の大半が「圧迫死」で、その原因が家屋の倒壊、家具の転倒に寄るものだったそうです。つまり、家屋の倒壊が引き起こされなければ、多くの人が死なずに済んだということになります。 冒頭でも触れましたが、一般的な瓦屋根の場合、約6トンもの重りを住まいの頭部分に載せていることになりますよね。地震で屋根を支える柱が壊れて耐久性を失った場合、支えられている屋根が崩れ落ちるのは当たり前のことです。屋根が住まい全体を圧し潰すことで、家屋が倒壊するのです。 もし屋根が軽かったら?震災のような大地震でも家屋の倒壊は引き起こされなかった可能性が高いでしょう。事実、阪神・淡路大震災発生後から屋根材の軽量化や耐震性能といった部分に建設業界、建材業界の開発競争が激化しました。現在では、どこのハウスメーカーや建材メーカーでも、耐震性や軽量化という部分を核にした商品を展開しています。 地震で守るべきは、まず自分の命です。その命を守るためにも屋根材の軽量化は重要なヒントになるはずです。 救助活動を容易に!屋根の重さが変える状況 地震で亡くなる方は発生したときよりも発生した後に増加する傾向があります。能登半島地震でも、救助が間に合わずに亡くなったという方が多数いらっしゃいました。 ではなぜ救助が間に合わなかったのでしょうか?それは倒壊した家屋の屋根材が重く、救助にかなりの時間を要したからです。屋根が重いと家屋が倒壊して、住んでいる人が建材にはさまれて動けなくなるケースが非常に多くなっています。 自力で逃げ出すことができないため、救助を待つ必要があります。ですが、救助よりも前に亡くなってしまう方も少なくありません。もし、重い屋根材ではなく、軽い屋根材で救助もスピーディーに行なえていれば、助かる命がもっと増えた可能性が高いでしょう。 救助活動を容易にするという意味でも、地震大国日本において軽い屋根というのは大きなメリットになるのです。 スーパーガルテクトの長期保証とコストパフォーマンス 画像引用元:アイジー工業株式会社ホームページ|屋根のリフォームならスーパーガルテクト ここまでは地震に関連するメリットについてお話ししてきましたが、じつはスーパーガルテクト、ほかにもかなりの高性能が詰まった建材なのです。 まずは「長期保証とコストパフォーマンス」というメリットについてお話ししていきたいと思います。 高耐久&長期保証のメリット スーパーガルテクトはさびにくい金属である「超高耐久ガルバ」を使用しています。超高耐久ガルバとは、ガルバリウム鋼板にマグネシウムを2%添加させためっき金属板のことです。 ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛の合⾦めっき鋼板のことで、建材としてはもっとも多く使われている金属です。超高耐久ガルバはガルバリウム鋼板に比べて、約3倍超の寿命が期待できる建材と言われています。 ベースとなる鋼板にアルミと亜鉛、そしてマグネシウムの合金めっきを施すことで、耐久性を飛躍的に高めたものがスーパーガルテクトです。メーカーからは「15年は塗装要らず!」と言われるほどの耐久性がウリです。 また、その耐久性を保証してくれるのが、長期保証制度です。塗膜は15年保証、赤サビは20年保証、穴あきには25年の保証が適用されます。一般的な塗装工事の場合で保証は10年程度ですから、その保証の長さは経済的にもかなり魅力的ですね。 投資対効果:初期コストと長期メンテナンス スーパーガルテクトの屋根葺き替え工事は、一般的なガルバリウム鋼板屋根に比べて、費用が若干高くなります。ただし、長期的な視点で考えると、じつはかなりの高コスパなのです。 一般的に、屋根の塗り替え工事は10年~15年で行なわるものです。地域性や環境の変化によって年数は上下するものの、10年に1度は塗り替え工事が必要と思っていただけるとわかりやすいかと思います。 屋根の塗り替え工事は使用する塗料や塗装業者によって変わるものの、80万円~150万円程度の費用がかかります。つまり、10年に一度は高額な塗り替え工事が必要になるということですね。 施工費用とコストパフォーマンスについて少し考えてみましょう。スーパーガルテクト屋根の施工に100万円、ガルバリウム鋼板屋根で70万円の施工費用(初期費用)が発生したとします。10年周期で80万円の塗り替え工事が必要になった場合、30年で考えると、スーパーガルテクトは15年周期のため、1回の塗り替えで30年持つことになります。トータルコストは初期費用の100万円と塗り替え1回分の費用である80万円の、計180万円で30年持つことになりますね。 対してガルバリウム鋼板で考えてみましょう。施工(初期費用)で70万円、10年目で80万円、20年目で80万円、計230万円で30年持つことになります。その差はなんと50万円! 塗り替え回数が少ないということは、それだけトータルコストも安く済むということになりますね。 スーパーガルテクトによる遮熱性と断熱性の向上 画像引用元:アイジー工業株式会社ホームページ|屋根のリフォームならスーパーガルテクト スーパーガルテクトは遮熱性と断熱性の両方に優れている屋根材です。この章では、スーパーガルテクトの省エネ性能についてお話ししていきたいと思います。 快適な室内環境:遮熱と断熱のダブル効果 遮熱とは、太陽光線の中でも温度上昇を引き起こす「近赤外線」を反射する性能のことです。対して断熱とは、住まいのエアコンや暖房で作られた「熱」を外へ逃がさないための性能のことです。 本来、遮熱と断熱は相反するものでした。夏は涼しく、冬は暖かいという理想の住まいを作るためには、住まいに対して相応のシステムを導入する必要があります。システム導入には多額の費用がかかります。その高額な費用を屋根材の葺き替えだけで実現したのが「スーパーガルテクト」のメリットです。 スーパーガルテクトは遮熱・断熱性能に加えて「自己消火性」にも優れています。もし火事になったとしても、炎の広がりを屋根材が抑えるため、延焼する可能性を抑えられます。震災時には火災も死亡原因の1つとして挙げられますが、スーパーガルテクトの屋根にすれば、火災の心配も減らせるということですね。 エネルギー効率の良い家への変貌 遮熱と断熱がもたらす最大のメリットは「エネルギー効率の高さ=省エネ」です。近年、地球温暖化の影響で、夏は毎年最高気温を更新しているような状態です。また、冬は関東でも雪の降る日が多くなってきました。 そのような環境の中で懸念されるのは、エアコンや暖房にかかる費用ですよね。日本の物価が上がったことで、電気代は年々上昇しています。環境が厳しくなり、さらに物価も上がる。まさにダブルパンチで家計を圧迫していると言えます。 スーパーガルテクトの遮熱・断熱性能は「夏は涼しく冬は暖かい」に対し、大いに寄与する建材と言えるでしょう。夏のエアコン使用頻度を抑えられますし、冬の急激な冷え込みでも暖房をあまり使わなくてもよくなります。 屋根材をスーパーガルテクトに替えるだけで得られるメリットとしては、破格の性能だと言えますね。 実際の施工事例:ジャパンテックのスーパーガルテクト導入 ジャパンテックでは、屋根の葺き替え工事の際、スーパーガルテクトをオススメしております。この章では、実際に当社で施工した事例をご紹介します。 地震に強い家への改善事例 こちらの現場では、瓦屋根を撤去し、新たにスーパーガルテクトに葺き替えをした施工事例です。瓦が広範囲に渡って劣化していたため、修復ではなく葺き替えという形で施工をしました。 かなり広い屋根面積だったため、瓦の重さを考えると5トン近く撤去したことになりますね。地震が来ても安心のお住まいに生まれ変わりました! 遮熱性・断熱性を改善した施工事例 こちらの現場では、もともとの屋根材の上にスーパーガルテクトを設置した施工事例になります。もともとの屋根材は「スレート瓦」というセメントと繊維材料を混合した、埼玉県でもよく見られる屋根材です。 スレート瓦は一般の瓦に比べて軽量ですが、割れやすく、遮熱性能や断熱性能はあまり期待できません。施主様のご意向で、長期的なコストパフォーマンス向上を狙ってスーパーガルテクトのカバー工事をすることになりました。 結果的にこちらのご自宅では、夏は涼しく、冬は暖かいが実現され、現在でも快適な暮らしているとのことです。 スーパーガルテクトのジャパンテック施工事例一覧は▼コチラ▼のリンクをチェック! スーパーガルテクトの施工事例 地震対策×省エネ×高耐久のスーパーガルテクト屋根はジャパンテックにご用命ください! 画像引用元:アイジー工業株式会社ホームページ|屋根のリフォームならスーパーガルテクト 今回のブログでは、ジャパンテックがオススメする屋根材「スーパーガルテクト」についてお話ししてきました。埼玉県は日本でも有数の高気温地域であり、さらに冬は太平洋からの風で冷え込みやすい地域でもあります。 また、近年なにかと話題になる首都直下型地震や南海トラフ地震など、地震リスクの高い地域です。地震対策と省エネを考えるならば、ぜひともスーパーガルテクト屋根をご検討ください。 当社ジャパンテックは屋根の葺き替え工事、カバー工事において、スーパーガルテクトの施工実績数は日本でも有数の会社です。安心してお任せください! 💬「そこまで言うならちょっと話を聞いてみようかな?」 💬「スーパーガルテック…熱いな!」 と思われたあなた!ぜひ当社のショールームで実際にスーパーガルテックを間近で見てみませんか?ショールームは越谷市に2店舗と春日部市、さいたま市岩槻区に1店舗の計4店舗がございます。お近くのショールームでスーパーガルテクトを間近でチェックしてみてください! ご質問やご相談だけでも結構です。ぜひ当社ジャパンテックのショールーム、店舗へご相談ください!あなたのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちらフリーダイヤル:0120-605-586 越谷市、春日部市の外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談はプロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店・プロタイムズ越谷南店へ!!

2024.01.28(Sun)

詳しくはこちら

屋根リフォーム屋根工事南越谷杉戸町さいたま市宮代町春日部市越谷市春日部市 屋根塗装春日部市 外壁塗装越谷市 外壁塗装屋根改修工事外壁・屋根補修工事耐震工事越谷市 屋根塗装春日部市・北葛飾郡 外壁塗装春日部市・北葛飾郡 屋根塗装さいたま市・川口市・朝霞市 外壁塗装さいたま市・川口市・朝霞市 屋根塗装草加市・八潮市 外壁塗装草加市・八潮市 屋根塗装久喜市・南埼玉郡 外壁塗装幸手市・白岡市 外壁塗装幸手市・白岡市 屋根塗装三郷市吉川市久喜市・南埼玉郡 屋根塗装松伏町その他地域

ジャパンテックが語る、プラチナリファイン2000Si-IRで実現する理想の家

ジャパンテックが語る、プラチナリファイン2000Si-IRで実現する理想の家

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に外壁塗装工事・屋根塗装工事、リフォーム工事を 専門にしている ジャパンテック株式会社です! 代表取締役の奈良部です! 一昔前、外壁塗装工事を検討する際、多くのお客さまが気にすることは「塗装工事の費用」や「色」でした。ですが、ここ数年で費用や色ではなく「塗料の性能」について気にするお客さまが増えています。 塗装業界も技術革新が進み、さまざまな機能、性能を持った塗料が数多く開発されてきました。なかでも夏の太陽光線による温度上昇を抑制する遮熱塗料は省エネという点でも注目されています。アステックペイントは遮熱塗料のシェアが市場でナンバーワンの実績を持つ塗料メーカーです。 当社はアステックペイントの認定施工店として、これまで数多くのお住まいの塗り替え工事を春日部市や越谷市、さいたま市で施工してきました。そこで今回のブログでは、アステックペイント認定代理店しか使用できない特殊な塗料「プラチナリファイン2000Si-IR」についてお話しさせていただきたいと思います。 プラチナリファイン2000Si-IRってどんな塗料? 外壁塗装工事において重要なこと。それは「塗装業者選び」と「塗料選び」です。塗装業者選びの方法はいろいろありますが、塗料選びのポイントは一言で言うと 「どのような機能を求めているか?」 に尽きます。 プラチナリファイン2000Si-IRのおもな機能は以下の5つです。 高耐候性 超低汚染性 防カビ・防藻性 遮熱性 遮熱保持性 この章ではプラチナリファイン2000Si-IRの機能の特長や魅力について、くわしくお話ししていきたいと思います。 プラチナリファイン2000Si-IRの特長①高耐候性|自然環境による劣化に強い! 画像引用元:アステックペイント|プラチナリファイン2000Si-IR プラチナリファイン2000Si-IRは、耐候性に優れた高品質塗料です。耐候性とは、プラスチックや塗料などの材料が屋外で使用された場合に、太陽光や雨などの自然環境の影響によって変形や変色、劣化などの変質を起こしにくい性質のことを言います。 耐候性に優れている高品質塗料「プラチナリファイン2000Si-IR」が長期間にわたって住まいの美しい外観を保ち、建物全体を保護してくれるのです。塗り替えの頻度を減らし、メンテナンスコストの削減にも貢献。さらに、色あせしにくい特性があるため、長い間外壁の美しさを維持できます。 施工の容易さも特徴で、幅広い建物タイプに対応可能です。プラチナリファイン2000Si-IRは、まさに品質の高さと実用性を兼ね備えた、信頼できる塗料と言えるでしょう。 プラチナリファイン2000Si-IRの特長②超低汚染性|美しさを長持ちさせる秘密 プラチナリファイン2000Si-IRは、結論から言うと「長持ちする塗料」です。強い日差しや雨風に耐え、外壁を守る強靭な層を形成します。美しさを長持ちさせる秘密である「強靭な層」。これが「超低汚染性塗膜」です。 超低汚染性とは簡単に言うと「汚れにくい」「汚れが付着しても雨で洗い流しやすい」性能のことです。外壁に付着した汚れは、よほどの汚れでない限り自分たちで清掃するということはありません。自然の雨によって外壁に付着した汚れを洗い流すことで、その美しさを保っているのです。 超低汚染性が低い塗料で外壁を塗装した場合、付着した汚れが外壁に「雨垂れ汚れ」として広がります。この「雨垂れ汚れ」が乾燥することによって、よりガンコな汚れとなって、簡単に落ちにくくなってしまいます。 プラチナリファインSi-IRは超低汚染性に優れている塗料です。特長である「緻密性」と「親水性」が汚れの付着を食い止め、さらに少量の水分で洗い流しやすくしているのです。 時間が経っても色あせしにくく、美しい外観を長期間維持できるため、頻繁な塗り替えから解放され、経済的なメリットも得られる「超低汚染性塗料プラチナリファイン2000Si-IR」。オススメです! プラチナリファイン2000Si-IRの特長③防カビ・防藻性|住まいの美観を脅かすカビや藻が付きにくい! どんなに美しいお住まいでも、日の当たりにくい場所はあるものです。日の当たらない場所はジメジメとして暗いものですよね。そのような場所で気になるのが「カビ」や「藻」です。 排水口の近くやトイレ部分の外壁などは、とくにジメジメとしているため、カビや藻が発生しやすい場所として認識されていると思います。 プラチナリファイン2000Si-IRはこのカビや藻の発生を抑制する性能が高い塗料です。一般的な塗料に配合されている防カビ、防藻剤に加え、それらの効果をさらに高める薬剤を配合しています。そのためカビや藻を一切寄せつけません。 河川周辺や水場に近い、今現在外壁に発生しているカビや藻に悩まされているという方にはぜひオススメの塗料と言えるでしょう! プラチナリファイン2000Si-IRの特長④遮熱性|試験結果ではマイナス10度以上!?エアコンは「春設定のままでOK」な塗料 アステックペイント製塗料の代名詞である「遮熱性能」もプラチナリファイン2000Si-IRに含まれています。太陽光線のうち、気温を上げる効果のあるものは「近赤外線」です。この「近赤外線」を効果的に反射する塗膜を形成しているのがプラチナリファイン2000Si-IRなのです。 一般的な塗料(遮熱性能がない塗料)の場合、この近赤外線を反射ではなく「吸収」してしまいます。吸収された塗料の温度が高くなると、その塗料に包まれている住まいの室内温度が上がるのは当然のことですよね。 アステックペイントの実験によると、一定時間近赤外線に近いランプを塗装した外壁に照射した際、じつに約13.1℃もの温度差が発生しています。つまり外気温が40℃の超夏日であっても、プラチナリファイン2000Si-IRで塗装したお住まいの場合、30℃以下の状態を保てる可能性が高いということになりますね! エアコンの温度設定は超夏日でも春設定のまま…でも良いかもしれません。それぐらい高い遮熱性能を持っているのがプラチナリファイン2000Si-IRなのです! プラチナリファイン2000Si-IRの特長⑤遮熱保持性|定期的な塗り替えは不要!長期間遮熱性能を維持します! 塗料にとっての遮熱性能は簡単に言うと「消耗品」です。太陽の近赤外線に照射される時間が長いほど、遮熱性能はどんどん目減りしていきます。そこで重要なのが「どれぐらいの期間において遮熱性能を維持できるか?」という点です。 一般的な遮熱塗料の遮熱性能維持期間は地域によって異なるものの、5年から10年程度と言われています。そもそも遮熱性能が落ちる原因は外壁に汚れが付着し、その部分に近赤外線が集中することで劣化がスタートします。 プラチナリファイン2000Si-IRはさきほど述べた「高耐候性」に加えて「超低汚染性」にも優れている塗料です。劣化しにくいだけでなく、汚れも付着しにくいため、一般的な遮熱塗料の遮熱性能維持期間よりも長く遮熱性能を維持できるのです! 塗料選びのコツは? 塗料選びにおいて、プラチナリファイン2000Si-IRは優れた選択です。その理由は、耐候性と耐久性の高さにあります。また、美観を長期間保持する能力が特徴。建物の種類や環境に合わせた最適な塗料を選ぶことが重要。ジャパンテックは、各建物に合わせた適切な塗料選びをサポート。顧客の要望に応じた塗料の提案を行い、満足度の高い仕上がりを実現します。  正しい塗料の選び方:何を見るべき? 塗料を選ぶ際には、その品質と特性を見ることが重要です。また、建物の特性や地域環境に合わせた塗料を選ぶことも重要です。プラチナリファイン2000Si-IRの場合、耐候性や耐久性、美観の保持能力、そして遮熱性能が評価できます。 埼玉県は日本国内でも平均日射時間が長く、夏はかなりの気温になる地域です。そのため、遮熱性能は必須と言えるでしょう。アクリルやウレタンといった安価な塗料の場合、遮熱性能が低いため、塗り替えをしても省エネに寄与する可能性はかなり低いでしょう。 比較的価格が抑えられつつ、長持ちしながら遮熱性能も高い。この条件が埼玉県における正しい塗料の選び方の基本となるでしょう。ジャパンテックでは、これらの要素を考慮し、最適な塗料を提案いたします。お客さまが求める最高の結果を提供するため、細かいニーズにも対応しております。  失敗しないためのポイントは? 塗料選びで失敗しないためには、専門業者からの正しい情報と適切なアドバイスが不可欠です。プラチナリファイン2000Si-IRを選ぶ際には、その特性と利点を理解することが重要です。 多くの塗装業者は💬「この塗料は高機能なんですよ」とざっくりとした説明しかしてくれません。なぜなら説明をしたとしても、お客さまが理解できると考えていないからです。10年以上付き合うことになる外壁や屋根の塗料を説明無しに選んでも大丈夫ですか? 自動車を購入する際、ディーラーの営業スタッフはたとえお客さまの理解が追いついていなくても、一生懸命その自動車の魅力やメリット、機能について説明してくるはずです。パンフレットを渡されて💬「そのパンフレットに車の性能とか機能とか書いてあるんで読んでおいてください。」というような営業マンから自動車を購入したいと思いますか?思いませんよね? 外壁塗装の塗料選びも同じことです。ジャパンテックは、お客さまの疑問や不安に対して責任を持って対応いたします。もしわからない用語などがあれば、その場で説明を中断し、お客さまが理解できるような言葉を使って丁寧にご説明することを全社員に徹底しております。 ちょっとしたご質問や塗料の相談でも構いません。遠慮なく当社スタッフにお尋ねください。お客さまの大切なマイホームの外壁や屋根に適した工法と塗料をご提案いたします。 10万棟を超える施工実績に裏付けされた経験と高度な専門知識を活かし、お客さま1人1人が最適な選択をできるようにサポートさせていただきます! プラチナリファイン2000Si-IRでの塗装工事はジャパンテックにおまかせ! プラチナリファイン2000Si-IRはプロタイムズ加盟店しか使えない特別な塗料です。ほかの塗装店や塗装会社では使うことができません。 当社は塗料メーカーアステックペイントから認められた優良施工店です。アステックペイントの塗料を使った施工実績が豊富なうえ、国家資格である一級塗装技能士資格を取得した自社職人が責任を持って、あなたの大切なお住まいを塗装いたします。 プラチナリファイン2000Si-IR以外の塗料もご用意しております。外壁塗装、屋根塗装のご相談ならば、ぜひ当社ジャパンテックへご用命ください! あなたからのご連絡、ご相談を心よりお待ちしております! 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちらフリーダイヤル:0120-605-586 越谷市、春日部市の外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談はプロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店・プロタイムズ越谷南店へ!!

2024.01.25(Thu)

詳しくはこちら

外壁塗装屋根塗装南越谷杉戸町さいたま市宮代町春日部市越谷市春日部市 屋根塗装春日部市 外壁塗装越谷市 外壁塗装越谷市 屋根塗装春日部市・北葛飾郡 外壁塗装春日部市・北葛飾郡 屋根塗装さいたま市・川口市・朝霞市 外壁塗装さいたま市・川口市・朝霞市 屋根塗装草加市・八潮市 外壁塗装草加市・八潮市 屋根塗装久喜市・南埼玉郡 外壁塗装幸手市・白岡市 外壁塗装幸手市・白岡市 屋根塗装三郷市吉川市久喜市・南埼玉郡 屋根塗装松伏町その他地域

よりよい外壁屋根塗装工事のご提案ができますように。

春日部市、越谷市、さいたま市を中心に外壁塗装工事・屋根塗装工事、リフォーム工事を 専門にしている ジャパンテック株式会社です! ==================================== 皆様こんにちは🐶 先日の事務所内での ミーティングの様子です。 よりよいサービスを お客様にご提供できるよう スタッフも日々勉強です💪✨ ====================================   『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちらフリーダイヤル:0120-605-586   越谷市、春日部市の外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談はプロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店・プロタイムズ越谷南店へ!!

2024.01.22(Mon)

詳しくはこちら

屋根リフォーム屋根工事外壁塗装屋根塗装南越谷杉戸町さいたま市宮代町無料診断見積り無料カラーシュミレーション春日部市越谷市地域密着松伏町

間もなく外壁塗装現場が完成致します!

  春日部市 越谷市 さいたま市を中心に 外壁塗装・屋根塗装リフォームをおこなっている ジャパンテック株式会社です ==================================== こんにちわ🐶   本日は足場解体前の 完了検査の1コマです📷✨     細部まで、厳しい目で チェックが入ります👀 お施主様に高い満足度を お届け出来ますように~°˖✧◝✧˖° ====================================   『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちらフリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 春日部市の外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談はプロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店そして プロタイムズ越谷南店へ!!

2024.01.16(Tue)

詳しくはこちら

屋根リフォーム屋根工事外壁塗装屋根塗装南越谷杉戸町さいたま市宮代町見積り無料雨戸塗装春日部市越谷市地域密着外壁多彩色塗装松伏町

*お客様の声*の紹介です。

春日部市 越谷市 さいたま市を中心に 外壁塗装・屋根塗装リフォームをおこなっている ジャパンテック株式会社です ==================================== 皆様こんにちは🐶   今日は、 お施主様からいただいた レビューのご紹介です😊     ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈┈┈••✼ こちらで外壁塗装をお願いしました。 最初は他社でお願いしようとしましたが気になる点があり、ジャパンテックさんに相談したところ急遽でしたが 当日に対応していただきました。 説明も丁寧にしていただき、1日2日で終わるものではないし長期間持たせるものなので信頼出来るところでお願いしたいと思いここに決めました。 スタッフの方も職人の方もとても親切丁寧で仕上がりもとても綺麗で築10年ですが新築のような仕上がりに家族で喜んでいます。 ありがとうございました。 ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈┈┈┈┈••✼   お施主様に喜んでいただける事が 何よりも嬉しいです✨   その他、ジャパンテックの 高評価口コミは【こちら】 ==================================== 『外装劣化診断』はこちらから お電話でのご相談、お問い合わせはこちらフリーダイヤル:0120-605-586 越谷市 春日部市の外壁塗装・屋根塗装リフォームのご相談はプロタイムズ越谷店・プロタイムズ春日部店そして プロタイムズ越谷南店へ!!

2024.01.12(Fri)

詳しくはこちら

屋根工事外壁塗装屋根塗装内装リフォーム口コミ南越谷杉戸町さいたま市宮代町無料診断見積り無料カラーシュミレーション春日部市越谷市地域密着松伏町

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店 ジャパンテックへようこそ

奈良部 達也
ジャパンテック 株式会社

代表取締役奈良部 達也

会社案内はこちら

春日部市での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひジャパンテック 株式会社にご相談ください!

地域に愛され続ける会社を目指して

会社の「姿勢」で愛していただく
社員の「熱心さ」で愛していただく
サービスの「奉仕」で愛していただく

ジャパンテックは地域密着でどこの会社よりも「愛」を大事にして、地域から愛され続ける会社(優良塗装工事業者)をめざしております

改めてですが、本日は数あるホームページの中から外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店 ジャパンテックのホームページをご覧いただきありがとうございます。

弊社は、埼玉県越谷市・春日部市・さいたま市を中心に屋根・塗装リフォームをご提供しております。今日まで発展できましたのも、多くの皆様のお力添えと支えによるものであり、深く感謝しております。
施工にあたり、責任者が一括で管理することでお客様のご要望がスムーズに行われるよう務めております。また、工事完了後のアフターフォローも含め、最後までお客様に納得していただいて、喜んでいただくまでが私どもの仕事だと考えております。ひとえに、この様なサービスを提供する事が、地域の優良工事業者だと考えております。優良塗装工事業者を続けることで、地域の外壁塗装工事における、口コミ、評判、高い評価を頂けると思っております。

当店は今後も、地域に愛される外装リフォーム専門店を目指し、精進して参ります。サービスと品質の向上を追求し、お客さまにより高い満足と安心を提供し続けます。屋根・外壁リフォームをお考えの方はジャパンテックへぜひご相談ください。

アクセスマップ

  • 越谷ショールーム
    越谷ショールーム

    〒343-0027 埼玉県越谷市大房874-4
    TEL:048-971-5586  
    FAX:048-971-5626
    営業時間 9:00~18:00 日曜祝日定休

  • 越谷南ショールーム
    越谷南ショールーム

    〒343-0822 埼玉県越谷市西方2-25-4
    TEL:048-940-9112  
    FAX:048-940-9113
    営業時間 9:00~18:00

  • 春日部ショールーム
    春日部ショールーム

    〒344-0058 埼玉県春日部市栄町2-269
    TEL:048-797-7967  
    FAX:048-797-7966
    営業時間 9:00~18:00 水・日曜定休

  • 杉戸宮代ショールーム
    杉戸宮代ショールーム

    〒345-0043 埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野1766−1
    営業時間 9:00~18:00

  • 岩槻店
    岩槻店

    〒339-0018 埼玉県さいたま市岩槻区大野島3-1
    TEL:048-795-7915  
    FAX:048-795-7916
    営業時間 9:00~18:00 日曜祝日定休

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • ドローン点検
自社ショールーム ご来店はお気軽に!! 詳しくはこちら
適正価格はいくら?越谷市、春日部市で外壁塗装の気になる相場は?30坪、40坪、50坪、ご自宅の条件をもとに試算した、概算費用も分かります。相場をチェックしてみる
建物まるごと抗ウイルス・抗菌対策 キノシールド
リフォームの基礎知識|じゃぱ丸リフォーム
大規模修繕工事 じゃぱ丸アパマン館

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

ジャパンテックのホームページをご覧の皆様へ アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 工場・倉庫の省エネ塗装をお考えの方へ

施工事例WORKS

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! お家の様子を色々な角度から安全で簡単にチェック!!ドローン点検 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 外壁・屋根塗装専門店ジャパンテックのこだわり施工プラン カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-605-586

お問い合わせフォーム

ジャパンテック 越谷市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事専門店
ジャパンテック 株式会社

〒343-0027
埼玉県越谷市大房874-4
TEL:0120-605-586
FAX:048-971-5626