屋根・外壁カバー工法

屋根・外壁カバー工法

屋根や外壁は住まいの中で最も雨風にさらされる部分のひとつ。
住まいの急所であり、一生の財産たる我が家の価値を左右するとても大切な部分です。

そんな大切な部分だからこそ、定期的にメンテナンスをしておかないと、傷みや不具合が生じ、雨漏り等のトラブルを引き起こしてしまいます。
屋根や外壁のメンテナンスと聞いて浮かぶのは「塗装」ではないでしょうか。屋根塗装、外壁塗装は一般的に最もよく行われている施工方法です。

しかし実は、屋根・外壁リフォーム方法は「塗装」だけではないんです。材質や状態によって適切な方法を考えて施工しなければいけないのです。
プロタイムズ越谷店には専属の職人がおりますので、お客様の屋根に適した施工をご提案することができます。


カバー工法とは?

カバー工法とは、簡単にいうと現状の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる(カバーする)工法のことです。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根材の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くすることができる上、廃材も少ないエコな工法です。

防水紙を取り付けます。 屋根材を取り付けます。 棟包み(1番上の部分)を付けて完成。


カバー工法の4つの特徴

施工が早い
地震に強い
経済的
環境に優しい

施工が早い

既存の平板スレートの撤去工事がないのでわずか数日で屋根を新しくできます。

とにかく工期が早いのがカバー工法の特徴です。大きさによりますが数日程で美しい屋根へと変身させることができます。工期が短いのに改修後のメンテナンスも必要ありません。従来の工法だと、既設屋根撤去→既設屋根荷下ろし→新設屋根下地工事→新設屋根材料荷揚→新設屋根取付→役物取付
ですが、カバー工法は既設の上に屋根を葺せますので カバー屋根荷揚→カバー屋根取付→役物取付 となります。
このように施工の手間を大幅カットするため、お店や工場を休業することなく施工が可能です。


地震に強い

既存の平板スレートに重ねて施工しても1坪あたり83キロの重量ですので、お家に優しい工法です。

屋根を被せる分で耐震性が不安との声をよく聞きますが、屋根材とお家元々の耐震性の組み合わせに気を付ければ、実はカバー工法ってお家に優しい工法です。不安な方はプロタイムズ越谷店のスタッフから説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


経済的

古い平板スレートの撤去費と処分費のコストが削減できますので家計に優しい工法です。

カバー工法は元々の建材を撤去する人件費や廃材処理費もかかりません。
そしてカバー工法で使う屋根材は特に決まっておらず、予算に合わせて決めることができます。
カバー工法のメリットでもある、既存の屋根材が防音や断熱の効果を発揮してくれるので、高性能の屋根材を使う必要性もあまり高くありません。
またカバー工法は改修後のメンテナンスもほぼ不要のため費用を抑えることが可能なのです。


環境にやさしい

廃棄処分材がほとんど出ませんので、環境や近隣に優しい工法です。

2004年(平成16年以前)以前、屋根のスレート材料は、石綿(アスベスト)が使用されていて、癌(特に肺がん)を誘発するとして、現在は使用・製造・販売が禁止になっています。
アスベストの処理には特別な資格が必要な上、多額の処分費用も必要になります。アスベストが近隣に飛散、拡散しないような対策(養生)も必要です。もちろん、壊さずにそのままであれば、アスベストが飛び散る事はありません。
したがって、こういった有害な廃材が一切出ないカバー工法はクリーンな工法であると言えます。


ジャパンテックがお客様のお家にぴったりの工法をご提案します。

外装劣化調査診断はこちら

雨漏り診断はこちら

商材・工法一覧はこちら

はじめに
外壁塗装キャンペーン
  • 外壁劣化診断
  • 雨漏り診断
  • 来店シミュレーション
  • 最新チラシ・イベント
  • おすすめの商材・工法
  • LINEでお見積もりご相談ください