メールでのお問い合わせはこちら 無料見積もりはこちら このページの先頭へ戻る

赤外線雨漏り診断

赤外線雨漏り診断とは?

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 赤外線雨漏り診断とは、赤外線カメラを使用して建物内の水の流れや、雨水の侵入経路、タイルの浮きや剥離といった外壁の状態を可視化する診断方法のことです。
目視することのできない建物内部の状態まで可視化することができるので、雨漏りの原因をより詳しく正確に把握することが可能になります。

雨漏りを放っておくと家の躯体が傷みます

天井にシミがある 雨上がりの後、部屋がカビ臭い 窓サッシから雨漏りがする 強い雨のときポタポタ音が聞こえる

このような症状がある時は早期に解決が必要です

放っておくと家の柱や梁が腐り家が傷んでしまいます。
そうなる前に雨漏り診断をしてまずは原因を見つけて修理を行いましょう。

お問い合わせはこちらから

ここが違う!プロタイムズ越谷店の赤外線雨漏り診断

01.目視

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 診断士が様々な角度から、目視で確認します。この時、雨漏りの原因箇所の推測を立てます。

02.天井裏のチェック

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 室内はもちろん、天井裏まで雨漏りの染みの有無を確認して、目視との整合性を確認します。

03.赤外線カメラで細かく分析

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 プロタイムズ越谷店は一般の会社と違い、目視だけでなく、資格を持ったプロが赤外線調査を行います。

赤外線カメラを使った診断は、建物を傷つけることなく、水の通り道や浸入経路を発見することができ、雨漏りしている箇所に水がたまっていて表面温度が低くなります。

こうした赤外線診断写真の分析を行うことで、雨漏りの原因箇所をより正確に特定することが可能となるのです。

赤外線診断写真に注目!

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 赤色」:壁の隙間に溜まった水分が太陽光で高温になっている
青色」:水分が溜まっている

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 お客様からは良く「ここまでやるの?」と言われますが雨漏りは最低でも『天井裏のチェック』の項目までしないと原因がわかりません

「そうだろう」という推測で修理をしてしまうと、実は雨漏りの原因が違うところだったりということがよくあります。
徹底的に原因追求することで雨漏りの再発防止が可能です。
プロタイムズ越谷店だからできる視点でチェックすることで確実な雨漏り対策が可能です。

さらにっ!!詳細な診断結果が書かれた診断書をプレゼント!!

越谷市 さいたま市 外壁塗装 プロタイムズ越谷店 プロタイムズ越谷店の診断書は詳しくて分かりやすいと大変ご好評いただいております!
外壁や屋根の隅々まで確認し、細かく状態やご説明を記入しています。
お読みいただいて疑問に思ったり、分かりにくかったりする点がございましたら、ご納得いただけるまでとことん説明いたします!

プロタイムズローンのご案内 業界最高水準‼

金利手数料 実質年率2.40%(2016年12月末日お申し込み分まで。現在の実質年率についてはお問い合わせください。) お取り扱い金額20万円~2,000万円まで

※お客様手数料は長期プライムレートと連動しており、変動時期は3ヶ月毎といたします。
※但し、契約成立後は支払い途中での金利変更はありません。
※2016年8月10日基準の長期プライムレート=0.95

分割支払い回数 6回~180回まで(最長15年)

※月々の元本支払額5,000円以上での設定となります。
※お支払い回数はご都合に合わせて柔軟にご対応します。お気軽にご相談ください。

団体信用保険を付与することができます。

一部繰り上げ返済、全額繰り上げ返済が可能です。

支払い期間中に加入者様が高度障害状態になられた場合、死亡された場合に残債務を保険金で充当する制度です。
※手続きは保険会社所定書類へのご記入のみです。
※保険会社の審査が必要となります。

ボーナス1回払い(スキップ払い)をご利用いただけます。

約6カ月後までのスキップ払いが可能です。

雨漏りQ&A

A1 まずはご連絡を。有資格者がすぐにお伺いします

Q1 屋根から雨漏り!どうしたらいいの? A まずはご連絡を。有資格者がすぐにお伺いします 雨漏りの場所として屋根・外壁・サッシまわり等、原因となる箇所は様々です。屋根からの漏水となれば確認・補修をするにしても高所であるため非常に危険です。お電話、お問い合わせをいただければすぐに当社の有資格者がお伺いいたします。
雨漏りの状況により応急処置等の対応をとらせていただきます。

A2 直接的に直すのではなく、建物を防水する事で劣化を防ぎます

Q2 なぜ塗装で雨漏りが直るの? A 直接的に直すのではなく、建物を防水する事で劣化を防ぎます 根本的には塗料のみで雨漏りは直りません。しかし雨漏りの原因を抑制する効果は十分にあります。雨漏りの多くの原因は、建物の構造自体に原因がある事が少なくありません。私たちのおすすめする塗料では、その建物の雨漏り原因を表面化させない事と、雨漏りまでに至る劣化を引き起こさせない効果を持っています。

通常の塗料とは違い防水効果に特化した防水専用塗料を使うことで、お家の一番の劣化原因となる雨水を侵入させない事が出来ます。仮に現在雨漏りが発生している部分があった場合はしっかりとした補修工程を行いその上で二度と劣化による雨漏りが発生しない様に塗装を施します。

A3 屋根・外壁等を調査~診断~原因箇所の特定をします

Q3 無料診断はどんな内容ですか? A 屋根・外壁等を調査~診断~原因箇所の特定をします お客様と日程・時間を決めさせていただき、ご在宅の時にお伺いします。雨漏り部分の状態を確認した後に、赤外線カメラを使って屋根・外壁等を調査~診断~原因箇所の特定をします。所要時間として約1時間位で完了いたします。軽微なものであればその場で補修も可能です。

A4 無料診断後に、細かな工事内容の説明とお見積もりをご提出します

Q4 値段が分からないと不安です。 A 無料診断後に、細かな工事内容の説明とお見積もりをご提出します 当社の雨漏り診断、建物劣化診断は無料で行っております。詳細な調査、診断を行った後工事の大小問わず細かな項目が記されている分かり易いお見積もり書をご提出いたします。
ご提出時にはより分かり易くご理解いただくために、お見積もり項目や工事内容も合わせてご説明させていただきますので皆様にご安心いただいております。

A5 国内唯一の雨漏り診断士の資格を取得した管理者がお伺いします

Q5 どんな人が来てくれますか? A 国内唯一の雨漏り診断士の資格を取得した管理者がお伺いします 当社ではお客様のお宅へ調査に伺う際には必ずその分野に精通した資格保持者がお伺いしております。
実際に長年現場経験を重ねてきただけでなく、国や行政機関の定めた基準及び資格を取得した管理者が伺うことでお客様により良いご提案が出来る事と思っております。

A6 多くの方々のお悩みを解決するため、無料で行っています

Q6 なぜ診断は無料なのですか? A 多くの方々のお悩みを解決するため、無料で行っています 専門的知識、資格を持った管理者が行いますので本来診断は有料で行うべきなのかもしれません。
しかし、これから建物のメンテナンスをご検討されるお客様など多くの方々のお悩みを解決するために現状では無料にて調査、診断をご提供しております。状況によって、有料の診断もありますが事前に説明してご納得いただいた上で有料の診断を行いますので、ご安心ください!

まずは無料赤外線雨漏り診断をご利用ください!

無料雨漏り診断のお申込みはこちらから!

  • お問い合わせ内容

      ※お急ぎの方は、
      直接0120-605-586(9:00~18:00)まで、お電話下さい。


    • 例:雨漏り修理を検討しています。予算は50万円程を予定。工事は来月~再来月で考えています。

  • お名前
    • 例:
      山田 太郎

  • メールアドレス
    • 例:
      t_yamada@sample.jp

  • 郵便番号
    • 例:
      123-4567

  • 住所
    • 例:埼玉県越谷市****

  • 電話番号
    • 例:
      048-000-0000

※相談内容は個人情報保護法に適用いたします。

24時間以内に回答を心がけておりますが、相談内容等によって、
2〜3日かかる事もございますが御了承下さい。

お電話でもお気軽にどうぞ!

内容をご確認の上、よろしければ下記の「入力内容を確認する」ボタンを押して下さい。

個人情報利用目的
・お客様のご要望に合わせたサービスを提供させていただくための各種ご連絡。
・お問い合わせいただいたご質問への回答のご連絡。
尚、お客様から収集する個人情報は弊社の定めるプライバシーポリシーに則って厳重に管理いたします。

プライバシーポリシー
弊社では、利用者のみなさんの個人情報がきちんと守られることを、何よりも大切にしています。また、利用者ご本人への事前の許可なしに第三者に個人情報を配送作業以外に開示することは絶対にいたしません。

どんな些細な事でも結構です。ご相談、お見積もりなど、お気軽にご連絡下さい。上記メールフォームからご連絡いただくか、電話にてご連絡下さい。
必須マークがついている項目は必ずご記載下さい。(株)、(有)や丸囲み数字等の機種依存文字は、文字化けの原因となりますので、使用しないようお願いいたします。